ホーム  >  インフォメーション  >  車種別環境情報  >  AD環境情報
環境仕様書 【AD】(VY12)



車両型式 5BF-VY12 3BF-VZNY12
エンジン 型式、総排気量など HR15DE HR16DE
駆動装置 駆動方式 2WD 4WD
変速機 CVT 4AT
車両重量(対象範囲)(kg) 1081~1195 1196~1310





燃料消費率(*1) WLTCモード(*2)
WLTCモード
燃費(km/L)
(国土交通省審査値)
16.1 12.5
  市街地モード
(km/L)
12.3 9.1
郊外モード
(km/L)
16.8 12.9
高速道路モード
(km/L)
18.0 14.5
CO2排出量(g/km) 144 186
JC08モード
JC08モード
燃費(km/L)
(国土交通省審査値)
19.0 13.7
CO2排出量(g/km) 122 169
排出ガス 適合規制・認定レベル 平成30年基準排出ガス50%低減レベルに適合 平成30年基準に適合
試験モード WLTCモード WLTCモード
規制値・認定値等(単位:g/km) CO 2.55 2.55
NMHC 0.075 0.15
NOx 0.035 0.07
PM - -
適合騒音規制レベル 平成28年騒音規制 N1A2Aに適合 加速走行騒音規制値:71dB
エアコン冷媒(*3)使用量 450g 代替フロンHFC134a
車室内VOC 自工会目標達成(厚生労働省室内濃度指針値以下)(*4)
環境負荷物質削減 鉛☆1 自工会2006年目標達成(1996年平均使用量の1/10)
水銀☆2 自工会目標達成(2005年1月以降使用禁止)
六価クロム 「環境への取り組み」欄参照
カドミウム 自工会目標達成(2007年1月以降使用禁止)
自工会目標適用除外部品 ☆1:鉛バッテリー(リサイクル回収ルートが確立されているため除外)
☆2:ナビゲーション等の液晶ディスプレイ、コンビネーションメーター、ディスチャージヘッドランプ、室内蛍光灯(交通安全上必須な部品の極微量使用を除外)







リサイクル プラスチック部品およびゴム部品への材料表示 あり
リサイクルしやすい材料を使用した部品 バンパー、ビジネスファイルボックス、ビジネスバックトレイ、インストルメントパネル等
その他材料/部品の再生材使用 フロアカーペット、バックドアフィニッシャー等
リサイクル可能率 95%以上(*5)
解体マニュアル 「使用済み自動車のリサイクルマニュアル」発行済み
環境負荷物質使用状況 電子基盤・電気部品のはんだ、圧電素子等(PZTセンサー)
水銀 全廃済み
六価クロム 金属部品類、ボルトナット類の防錆目的コーティング
環境マネジメント
  • 日産自動車では、企業の環境保全への取り組み体制を証明する「ISO14001」の認証を取得しています。
  • 国内の日産全販売会社が「廃棄物の適正処理」、「使用済み自動車の適正処理」、「環境設備管理と省エネルギー活動」について日産自動車の審査基準を満たした『日産グリーンショップ』としての認定を受けています。
*1: 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
*2: WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
*3: 日産は2023年までに、エアコンで使用する冷媒の目標GWP(Global Warming Potential:地球温暖化係数)値150(国内向け年間出荷台数の加重平均値)の達成を目指しています。HFC-134a(GWP値1430)は大気放出禁止、廃棄時回収が必要です。
*4: 厚生労働省が2002年1月に定めた指定物質で自動車に関する物質の指針値。
*5: 「新型車のリサイクル可能率の定義と算出方法のガイドライン(1998年自工会)」に基づき算出。
九都県市低公害車指定制度およびグリーン購入法の適用は次のURLをご覧ください。
・九都県市あおぞらネットワーク: http://www.9taiki.jp/lowpollution/index.html
・GPNグリーン購入ネットワーク エコ商品ネット: http://www.gpn.jp/econet/
発行2021年5月