ATLAS
  • トップページ
  • エクステリア
  • インテリア
  • グレード
  • 機能・積載・快適性
  • 走行性能
  • 環境・安全・品質
  • スペック
  • オプションパーツ
  • 特装車
過去に閲覧したページの履歴
環境・安全・品質

アトラスF24:アトラスF24の環境性能や日産の環境への取り組み「ニッサン・グリーンプログラム」をご紹介。


ニッサン・グリーンプログラム
日産は、「人とクルマと自然の共生」を目指して、「CO2排出量低減」「エミッションのクリーン化」「資源循環」にチャレンジしてきました。
そしてこれからも、将来の世代へ誠実に責任を果たし、かけがえのない地球環境の保護に取り組んでいきます。
「ニッサン・グリーンプログラム」の詳細はこちらをご覧ください。

環境性能

CO2排出量の削減

CO2排出量の削減
アトラスF24の「CBF-」車は「平成27年度燃費基準+10%」、「平成27年度燃費基準+5%」...

JC08モード燃費への対応

JC08モード燃費への対応
アトラスF24のQR20DEガソリンエンジン搭載車(「CBF-」車)は、最近の走行実態を...

JC08モードで低排出ガス車認定を取得

JC08モードで低排出ガス車認定を取得
「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」を達成アトラスF24のQR20DEガソリンエンジン...

JE05モードで低排出ガス車認定を取得

JE05モードで低排出ガス車認定を取得
アトラスF24のZD30DDTiディーゼルターボエンジン搭載の「TKG-」車(1.5トン系)は...

減税措置の適用

減税措置の適用
アトラスF24の「CBF-」車(ガソリン車)の一部車種は、「平成27年度燃費基準+10%」および...

小型トラックに対する規制・認定/指定制度に適合

小型トラックに対する規制・ 認定/指定制度に適合
■ 平成17年基準排出ガス50%低減レベル達成(ガソリン車)...

ポスト新長期規制値よりさらにPMを30%低減
「平成22年基準排出ガスPM30%低減レベル」を達成
アトラスF24のZD30DDTiディーゼルターボエンジン搭載車は、JE05モードで試験を実施し、平成22年基準排出ガス規制値(ポスト新長期規制値)からさらにPMを30%低減しています。

リサイクル性の向上
資源の有効活用のために、設計段階から使用済みの段階までを考えたクルマづくりを行っています。 リサイクルしやすい構造や材料の検討を行った結果、リサイクル可能率95%以上を達成しました。
〈主な取り組み〉 ●再生された材料の使用 ●リサイクルしやすい樹脂の使用 ●ゴム・ 樹脂へのマーキング等
「新型車のリサイクル可能率の定義と算出方法のガイドライン(1998年自工会)」に基づき算出

自動車リサイクル法について
使用済み自動車を適正に処理し、資源の再利用と環境負荷を減らす目的で自動車リサイクル法が施行されました。
この法律によりクルマの所有者、メーカー、関連事業者それぞれに役割が定められています。
2005年1月1日以降、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル・ 適正処理費用としてクルマのご購入時にリサイクル料金が別途必要となります。詳しくはカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

関連情報

日産自動車環境への取り組み

日産自動車環境への取り組み
持続可能なモビリティ社会の発展のために、日産が推進する環境への取り組みをご紹介しています。

環境仕様書

アトラスF24の環境仕様書はこちら。

関連情報

Biz NISSAN 商用車・社用車をお探しのお客さまへ。お仕事のニーズにあったクルマ選びをサポート。