#日産未来文庫 #自動運転 #ショートショート

CONCEPT

ノンフィクションになるかもしれない、フィクションです。
月探査ロケット、冷凍食品、タブレット端末、ネットショッピング。これはすべて、過去のSF作家たちが的中させた未来です。なぜ彼らは未来を予測できるのか?それは、物事を今の延長線上で考えないから。制約や常識にとらわれず、想像だけで未来を描くから。日産自動車はこの度、SF作家たちと自動運転社会の未来を予想し、一冊の書籍を出版します。自由な想像に基づいて描かれた未来予想は、安全でワクワクする自動運転社会の実現に向けたヒントになるかもしれません。ただの空想で終わるのか。当たり前になっているのか。 月探査ロケット、冷凍食品、タブレット端末、ネットショッピング。これはすべて、過去のSF作家たちが的中させた未来です。なぜ彼らは未来を予測できるのか?それは、物事を今の延長線上で考えないから。制約や常識にとらわれず、想像だけで未来を描くから。日産自動車はこの度、SF作家たちと自動運転社会の未来を予想し、一冊の書籍を出版します。自由な想像に基づいて描かれた未来予想は、安全でワクワクする自動運転社会の実現に向けたヒントになるかもしれません。ただの空想で終わるのか。当たり前になっているのか。
答えあわせは、未来で。 答えあわせは、未来で。

BOOK

#日産未来文庫「答え合せは、未来で。」は、全て4ページで読める2X話のショートストーリー集です。日産自動車が想像のプロであるSF作家とともに描いた自動運転社会の未来予想が、まとめられた一冊です。今は「フィクション」ですが、10年後「ノンフィクション」になるかもしれません。
amazon kindle
タイトル:答え合わせは、未来で。(日産未来文庫)配信開始日:2019年11月26日(火)販売価格:88円(税抜)ASIN:B081SG7DNP

自動化されたある一日の記録

  • 自動化されたある一日の記録
次のストーリーへ

人気住宅街

  • 人気住宅街
次のストーリーへ

青春アクセル

  • 青春アクセル
次のストーリーへ

カーファーム

  • カーファーム
次のストーリーへ

次の信号まで持つよ

  • 次の信号まで持つよ
次のストーリーへ

最強の怪盗と自動運転

  • 最強の怪盗と自動運転
次のストーリーへ

高速道路

  • 高速道路
次のストーリーへ

WRITERS

  • 藤井 太洋 藤井 太洋
    1971年生まれ。舞台美術、イラストレーターなどの職を経たのちに、エンジニアとして東京都内のPCソフト開発会社に勤務していたが、2012年にスマートフォンで執筆した小説「Gene Mapper」を電子書籍として販売したところ、当年のKindle本で最も販売数の多い小説となり、作家へと転身する。 2013年からは専業作家として『オービタル・クラウド』を執筆。本作で第35回日本SF大賞と第46回星雲賞日本長編部門を受賞。2019年、インターネットの自由をテーマにした作品集『ハロー・ワールド』で第40回の吉川英治文学新人賞を受賞する。日本SF作家クラブの第18代会長(2015年~2018年)を務めた。
  • 小川 哲 小川 哲
    1986年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。2015年、『ユートロニカのこちら側』で第3回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞し、デビュー。2017年刊行の長編『ゲームの王国』で第38回日本SF大賞、第31回山本周五郎賞を受賞。現在、「小説すばる」で「地図と拳」を連載中。近著に『嘘と正典』(早川書房)
  • 長谷 敏司 長谷 敏司
    1974年生。『戦略拠点32098 楽園』でデビュー。『My Humanity』で第35回日本SF大賞を受賞。著作に『BEATLESS』など。現在、SFがAI技術の発展にもたらした影響を調査する「AI×SFプロジェクト」に参加している
  • 宮内 悠介 宮内 悠介
    1979年東京都生まれ。2010年、第1回創元SF短編賞に投じた「盤上の夜」が選考委員特別賞(山田正紀賞)となり、同作を表題とする第一作品集『盤上の夜』で第33回日本SF大賞、『ヨハネスブルグの天使たち』で第34回日本SF大賞特別賞、『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で第30回三島由紀夫賞、『あとは野となれ大和撫子』で第49回星雲賞を受賞。近著に『遠い他国でひょんと死ぬるや』など。
  • 田丸 雅智 田丸 雅智
    1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。現代ショートショートの旗手として執筆活動に加え、「坊っちゃん文学賞」や「ショートショート大賞」において審査員長を務める。また、全国各地で創作講座を開催するなど幅広く活動している。17年には400字作品の投稿サイト「ショートショートガーデン」を立ち上げ、さらなる普及に努めている。著書に『海色の壜』『おとぎカンパニー』など多数。 田丸雅智 公式サイト:http://masatomotamaru.com/
  • 氏田 雄介 氏田 雄介
    企画作家。1989(平成元)年、愛知県生まれ。株式会社考え中代表。著書は、『あたりまえポエム』(講談社)や、『54字の物語』(PHP研究所)など。「ツッコミかるた」や「ブレストカード」など、ゲームの企画・イラストも手がける。コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc. 所属。
  • カツセマサヒコ カツセマサヒコ
    1986年東京生まれ。編集プロダクションでのライター・編集経験を経て、2017年4月に独立。Webコンテンツの執筆・編集を主な領域としつつ、PR企画やメディア出演など、活躍の場を広げる。特に20代女性に向けたコンテンツに定評があり、自身のTwitterアカウント(@katsuse_m)はフォロワー約14万人に。
  • 藤井 太洋
    1971年生まれ。舞台美術、イラストレーターなどの職を経たのちに、エンジニアとして東京都内のPCソフト開発会社に勤務していたが、2012年にスマートフォンで執筆した小説「Gene Mapper」を電子書籍として販売したところ、当年のKindle本で最も販売数の多い小説となり、作家へと転身する。 2013年からは専業作家として『オービタル・クラウド』を執筆。本作で第35回日本SF大賞と第46回星雲賞日本長編部門を受賞。2019年、インターネットの自由をテーマにした作品集『ハロー・ワールド』で第40回の吉川英治文学新人賞を受賞する。日本SF作家クラブの第18代会長(2015年~2018年)を務めた。
  • 小川 哲
    1986年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。2015年、『ユートロニカのこちら側』で第3回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞し、デビュー。2017年刊行の長編『ゲームの王国』で第38回日本SF大賞、第31回山本周五郎賞を受賞。現在、「小説すばる」で「地図と拳」を連載中。近著に『嘘と正典』(早川書房)
  • 長谷 敏司
    1974年生。『戦略拠点32098 楽園』でデビュー。『My Humanity』で第35回日本SF大賞を受賞。著作に『BEATLESS』など。現在、SFがAI技術の発展にもたらした影響を調査する「AI×SFプロジェクト」に参加している
  • 宮内 悠介
    1979年東京都生まれ。2010年、第1回創元SF短編賞に投じた「盤上の夜」が選考委員特別賞(山田正紀賞)となり、同作を表題とする第一作品集『盤上の夜』で第33回日本SF大賞、『ヨハネスブルグの天使たち』で第34回日本SF大賞特別賞、『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で第30回三島由紀夫賞、『あとは野となれ大和撫子』で第49回星雲賞を受賞。近著に『遠い他国でひょんと死ぬるや』など。
  • 田丸 雅智
    1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。現代ショートショートの旗手として執筆活動に加え、「坊っちゃん文学賞」や「ショートショート大賞」において審査員長を務める。また、全国各地で創作講座を開催するなど幅広く活動している。17年には400字作品の投稿サイト「ショートショートガーデン」を立ち上げ、さらなる普及に努めている。著書に『海色の壜』『おとぎカンパニー』など多数。 田丸雅智 公式サイト:http://masatomotamaru.com/
  • 氏田 雄介
    企画作家。1989(平成元)年、愛知県生まれ。株式会社考え中代表。著書は、『あたりまえポエム』(講談社)や、『54字の物語』(PHP研究所)など。「ツッコミかるた」や「ブレストカード」など、ゲームの企画・イラストも手がける。コンテンツスタジオ CHOCOLATE Inc. 所属。
  • カツセマサヒコ
    1986年東京生まれ。編集プロダクションでのライター・編集経験を経て、2017年4月に独立。Webコンテンツの執筆・編集を主な領域としつつ、PR企画やメディア出演など、活躍の場を広げる。特に20代女性に向けたコンテンツに定評があり、自身のTwitterアカウント(@katsuse_m)はフォロワー約14万人に。
タイトル:答え合わせは、未来で。(日産未来文庫)配信開始日:2019年11月26日(火)販売価格:88円(税抜)ASIN:B081SG7DNP