メンテナンス

技術の日産がつくる電気自動車がもたらす、新しいカーライフ。

電気自動車には、さまざまなメリットがあります。エンジンがないので、給油のためにガソリンスタンドまで行くことはありません。
さらにエンジンオイルやフィルターなどの交換も不要。モーターを主体とした可動パーツの少ないパワートレインにより、
メンテナンスの手間が軽減されます。

点検やメンテナンスの手間と経費を抑えます。

エンジン車につきものの、エンジンオイル、オイルフィルター、ATフルード、冷却水(不凍液)、スパークプラグなどの定期的な点検・交換が不要。さらにブレーキパッドの消耗も大幅に抑制。メンテナンスの手間とコストの削減に貢献します。

日産リーフ発売以来、バッテリー事故“ゼロ”*1の信頼性を誇ります。

日産リーフの駆動用リチウムイオンバッテリーは、日産の高い技術で開発・製造されています。発売以来、約40万台*1の日産リーフにおいて、バッテリーの重大事故は皆無。日産のEV技術の高さを証明しています。

給油のためにガソリンスタンドまで行く時間が省けます。

夜間に充電しておけば、朝の出発時には充電完了*2
出かける途中に、わざわざガソリンスタンドへ立ち寄る手間を省けます。

広々とした室内空間で、おとな5人が快適にすごせます。

日産リーフは、駆動用リチウムイオンバッテリーを床下にコンパクトに配置。
62kWhバッテリー搭載車も40kWhバッテリー搭載車も、まったく同じゆとりの居住空間とラゲッジルーム容量を確保しました。

メンテナンス

定期点検項目に関するガソリン車との相違点。

日産リーフではエンジン関連の点検項目が不要となる一方、EVならではの点検項目が必要になります。
推奨点検として日産独自の診断機「コンサルトⅢプラス」を用いた以下の点検項目を設定しています。

EVバッテリー使い方診断

リチウムイオンバッテリーの現在の容量を表すとともに、お客さまの使われ方に応じたバッテリーにやさしい使い方をアドバイスします。

コンピューター診断

日産独自の診断機「コンサルトⅢプラス」を用いてEVの主要なシステムの診断結果をイラストとともに表示。
点検項目     要否 備考
法定点検項目 ガソリン車項目 ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガス等の発散防止装置 × エンジン項目のため必要なし
    エグゾースト・パイプ及びマフラ × エンジン項目のため必要なし
    原動機 エンジン項目は不要
    動力伝達装置 (減速機)
    電気装置 点火プラグなし
    かじ取り装置 ガソリン車と構造差異なし
    制動装置 ガソリン車と構造差異なし
    走行装置 ガソリン車と構造差異なし
    緩衝装置 ガソリン車と構造差異なし
    灯火装置及び方向指示器 ガソリン車と構造差異なし
    警音器、窓拭器洗浄液噴射装置、デフロスタ及び施錠装置 ガソリン車と構造差異なし
    車枠及び車体 ガソリン車と構造差異なし
    運行において異常が認められた箇所 (日常点検項目)
指定点検項目 EV特有項目 空調ヒーター液 漏れ・量の確認
    充電装置 充電ポートの異物確認
      ゴムキャップ内部の異物確認
    絶縁抵抗モニタリングシステム 警告灯の点灯有無確認
電気自動車推奨点検   EVバッテリー使い方診断   コンサルトⅢプラスを用いてリチウムイオンバッテリーに優しい使い方をアドバイス。
    コンピューター診断 コンサルトⅢプラスを用いてEVの主要なシステムの診断を実施。

点検項目

法定点検項目 ガソリン車項目

点検項目 要否 備考
ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガス等の発散防止装置 × エンジン項目のため必要なし
エグゾースト・パイプ及びマフラ × エンジン項目のため必要なし
原動機 エンジン項目は不要
動力伝達装置 (減速機)
電気装置 点火プラグなし
かじ取り装置 ガソリン車と構造差異なし
制動装置 ガソリン車と構造差異なし
走行装置 ガソリン車と構造差異なし
緩衝装置 ガソリン車と構造差異なし
灯火装置及び方向指示器 ガソリン車と構造差異なし
警音器、窓拭器洗浄液噴射装置、デフロスタ及び施錠装置 ガソリン車と構造差異なし
車枠及び車体 ガソリン車と構造差異なし
運行において異常が認められた箇所 (日常点検項目)

指定点検項目 EV特有項目

点検項目 要否 備考
空調ヒーター液 漏れ・量の確認
充電装置 充電ポートの異物確認
ゴムキャップ内部の異物確認
絶縁抵抗モニタリングシステム 警告灯の点灯有無確認

電気自動車推奨点検

点検項目 要否 備考
EVバッテリー使い方診断 コンサルトⅢプラスを用いてリチウムイオンバッテリーに優しい使い方をアドバイス。
コンピューター診断 コンサルトⅢプラスを用いてEVの主要なシステムの診断を実施。

メンテナンス

NISSAN EV あんしんプラス

日産リーフとのカーライフを心からお楽しみいただくために、専用のメンテナンスパック「NISSAN EV あんしんプラス」をご用意いたしました。
EV(電気自動車)に精通したテクニカルスタッフが、日産独自のコンピューター診断機を用いて、お客さまのおクルマを6か月ごとに最長5年間点検・整備。
つねに最良のコンディションでお乗りいただけるようサポートいたします。


車検(法定24か月点検+継続検査)×1回

安全面・環境面など国が定めた保安基準におクルマが適合しているか検査します。さらに日産の車検では、おクルマの使用状態に合わせた最適の「点検・整備」まで整備保証付きで実施します。
●点検項目:基本点検18項目、走行距離に応じた13項目

法定12か月点検×3回

法律で義務づけられている点検です。おクルマの基本性能に関わる機能や状態をチェックし、分解整備を行います。
●点検項目:基本点検8項目、走行距離に応じて8項目

安心6か月点検×4回

常にベストなコンディションでお乗りいただくために、また、おクルマの安全確保や公害防止のために、日産がおすすめしている点検整備です。
●点検項目:ブレーキ・パワーステアリング装置・運転席回り・ワイパー・ライト・タイヤ・下回り・12Vバッテリー

EVコンピューター診断×9回

(車検時、法定12か月点検時、安心6か月点検時及び新車無料6か月点検時の合計9回実施。*5)EVの特有部品や、プロパイロット、インテリジェント エマージェンシーブレーキなどの先進技術を、専門教育を受けた整備士が日産独自のコンピューター診断機「コンサルトⅢプラス」を用いて診断。複雑なシステムを電子的にチェックし、結果は診断シートを使って丁寧にお伝えいたします。

EVバッテリー使い方診断×9回

(車検時、法定12か月点検時、安心6か月点検時及び新車無料6か月点検時の合計9回実施。*5
リチウムイオンバッテリー容量の低下要因とともに、バッテリーの状況、長くお使いいただくためのアドバイスをいたします。

タイヤローテーション×4回(会員さま特典)

(車検時及び法定12か月点検時の合計4回実施。*6)タイヤを長持ちさせるために、負荷のかかりやすい前輪と、後輪の位置を入れ替えるタイヤローテーションを、法定12か月点検時と車検時に行います。

グッドプラス保証Ⅰ(延長保証)

メーカー 一般保証が切れる3年または60,000kmから、5年または100,000km走行時のどちらか早い方までを保証いたします。EV特有部品のほか、プロパイロットを制御するコントロールユニットなども対象でとても安心です。

※法人名義の車両は加入対象外。

●本商品の価格につきましては販売会社が独自に決めております。
●販売会社によっては独自のメンテナンスパック商品を取り扱っている場合がございます。
●本商品は、おクルマのお持ち込み・お持ち帰りを前提にお得な料金設定とさせていただいております。
●おクルマのお引き取りと納車、追加整備等が必要な場合は別途料金を申し受けます。
●本商品の会員さま特典は予告なく変更することがございます。

保証

EVの保証について

EVのパワートレインに相当する下記の部品を“電気自動車特有部品”とし、特別保証部品とします。保証期間は5年または10万km走行時のどちらか早い方とします。その他の部品は、ガソリン車と同等の保証条件とします。

電気自動車特有部品

①充電ケーブル
②充電ポート
③減速機
④モーター
⑤PDM(パワーデリバリーモジュール)
⑥VCM(ビークルコントロールモジュール)
⑦インバーター
⑧リチウムイオンバッテリー

安心のリチウムイオンバッテリー容量保証。

バッテリー容量低下の抑制や耐久性の向上などにより、バッテリーの高寿命化を実現。
これにより、バッテリー容量を「8年160,000km」*8保証しています。
注記
*1 2018年6月末現在 日産調べ。
*2 別売の6kW普通充電器(壁掛型)使用時。
*3 本商品は2017年10月以降発売の日産リーフ新車ご購入時から新車無料1か月点検時までにご購入いただける限定商品です。
*4 本商品の有効期限は会員証発行日より60か月です。6か月ごとに点検を受けられた場合は54か月目でメンテナンス終了となります。
*5 車検時、法定12か月点検時、安心6か月点検時及び新車無料6か月点検時以外の実施は有償となります。
*6 車検時及び法定12か月点検時以外の実施は有償となります。ホイールバランス調整はタイヤローテーションに含まれておりません。
*7 グッドプラス保証Ⅰを単独または初回車検時にご購入の場合、ご優待価格は適用されません。
*8 本保証は、「62kWh駆動用バッテリー搭載車/40kWhバッテリー搭載車」の場合。正常な使用条件下において新車登録から8年間または160,000kmまでのどちらか早い方において、アドバンスドドライブアシ ストディスプレイのリチウムイオンバッテリー容量計が9セグメントを割り込んだ(=8セグメントになった)場合に、修理や部品交換を行い9セグメント以上へ復帰することを保証しています。