INTELLIGENT TOKYO

世界中から常に視線が注がれ、進化し続ける都市・東京。
この街の進化は、技術の進歩とともにある。
2020年、東京を進化させてきた“先進技術の地”を巡る旅へ。
「ニッサン インテリジェント モビリティ」のクルマとともに。

  • 2019年12月/デイズ ルークス
    光を照らす。そこに、最先端の心地よさがあるから。
  • ■国立新美術館
    ■東京都港区六本木
    ■2007年1月 開館
  • ここは、「森の中の美術館」をコンセプトに、国内最大級の展示スペースを保有する美術館。心地よい光に満ちる空間を追求した設計技術を採用。曲線を描くガラスの外観からふんだんに陽光を取り込みます。また、館内には、角度によって光が幾重に変化する木の縦ルーバーの光壁を設計。デイズ ルークスに搭載された、周囲の状況に合わせて自動で切り替わるハイビームアシスト。この先進の光が、安全な運転を心地よくサポートします。
  • 2020年1月/日産リーフ
    時代を超える技術こそが、時代の象徴になれる。
  • ■東京駅
    ■東京都千代田区丸の内
    ■2012年10月 復原工事完了
  • ここは、東京を象徴する建築として100年以上の歴史を持つ「東京駅」。壮麗な洋式建築は、建築家・辰野金吾氏らによって設計。2007年に実施された駅舎保存・復原工事には、伝統の技術と先進の安全技術や免震技術を融合し、さらなる進化を遂げました。新しい時代のクルマの象徴といえる電気自動車、日産リーフ。多彩な先進技術を搭載し、いつの時代も象徴であり続けるために、さらなる進化を続けていきます。
  • 2020年2月/ノート
    その静けさに、驚くべき未体験の感動がある。
  • ■勝どき陸橋
    ■東京都中央区勝どき
    ■2018年11月 開通
  • ここは、2018年11月に開通した橋長525m、中央区勝どき五丁目地区内を通る環状第2号線の「勝どき陸橋」。建ち並ぶ高層マンション群を抜けるこの橋は、強化ガラス製の防音壁を採用し、道路とは思えないほどの静けさを実現しました。エンジンで発電して、モーターで走るe-POWERもまた、静かで力強い未体験の走りを実現。この画期的な日産の技術が、これからのクルマの未来へとつなぐ架け橋となります。
  • 2020年3月/マーチ
    色々なカラーの中から、街で際立つ自分色を。
  • ■東京タワー
    ■東京都港区芝公園
    ■1958年12月 竣工
    Licensed by TOKYO TOWER
  • 観光名所として知られる、高さ333mの総合電波塔「東京タワー」。人を惹きつける造形美はもちろん、大きな空に映えるインターナショナルオレンジ(黄赤色)とホワイトのカラーも魅力のひとつ。それは美しさだけでなく、航空法に基づき、遠方からでも存在を認識できるように配慮されています。個性を輝かせるボディカラーを揃えたマーチ。街を多彩に色づかせながら、よりいっそう自分らしさを際立たせます。
  • 2020年4月/スカイライン
    新しい“自動”の時代へ。技術が未来を架ける。
  • ■東京ゲートブリッジ
    ■東京都江東区若洲
    ■2012年2月 開通
  • 東京湾にかかる全長約2,600mの「東京ゲートブリッジ」。橋の安全を守るため、路面や橋を構成するパーツの状態変化などを自動的にモニタリングする画期的なセンサー技術を採用しています。スカイラインに搭載のプロパイロット 2.0。この最先端の技術も7個のカメラ、5個のレーダー、12個のソナーを備え、「東京ゲートブリッジ」のように自車周囲をモニタリング。ハンズオフの運転支援システムを実現させました。
  • 2020年5月/セレナ
    360度の安全は、365日の楽しさのために。
  • ■IHIステージアラウンド東京
    ■東京都江東区豊洲
    ■2017年3月 竣工
  • ここは、アジア初の没入型エンターテインメント施設。円形の客席が360度回転しながら、舞台、映像、音楽、照明、すべてを画期的な方法で融合させることで、これまでにない感動を体験させてくれます。さまざまな先進技術を融合することで360度から自車を見守り、安全運転をサポートする「全方位運転支援システム」をセレナに搭載。「ぶつからないクルマ」の実現を目指して、安心の毎日を乗る人に届けます。
  • 2020年6月/デイズ
    地上では想像のつかない景色を、日常に。
  • ■東京スカイツリー®
    ■東京都墨田区押上
    ■2012年5月 開業
    撮影協力 オリンピック墨田文花店
  • ここは、世界で一番高い自立式電波塔「東京スカイツリー」。2012年、最先端の建築技術と免震・耐震構造を採用し、高さ約634mのタワーが完成しました。展望台からは東京の街だけでなく、上空から見下ろす広範囲の景色を望むことができます。インテリジェント アラウンドビューモニターを搭載した日産デイズは、見下ろしているかのような映像で周囲をひと目で把握。地上とは違う景色が、大きな安心をもたらします。
  • 2020年7月/GT-R
    この国の精神と先進の融合が、究極をつくる。
  • ■COREDO室町
    ■東京都中央区日本橋室町
    ■2010年10月 開業
  • ここは、「日本を賑わす、日本橋」をコンセプトにした複合施設「COREDO室町」。日本古来の精神を感じさせながら、新しさや先進性を表現したデザインを採用しています。先端の技術が注入され、わずか数名の選び抜かれた匠の技で組み上げられるエンジンを搭載したGT-R。日本のものづくりの精神と先進技術が込められたその圧倒的なパフォーマンスは、乗る人を究極のドライビングプレジャーへと導いていきます。
  • 2020年8月/エルグランド
    心地よい走りの感覚には、美しい間隔がある。
  • ■神宮外苑 いちょう並木
    ■東京都港区北青山
    ■1923年 植栽
  • ここは、青山通りから聖徳記念絵画館へ約300mも続く「神宮外苑 いちょう並木」。絵のような景観を創出するため、絵画館に近づくにつれて低くなるいちょうが9m間隔で植えられ、実際よりも絵画館が遠方に見える遠近法を採用。エルグランドに搭載のインテリジェント クルーズコントロールは、常に車速を制御し、一定の間隔を保ちながら先行車を追従。疲労の少ない安定した走りで、上質なクルージングを叶えます。
  • 2020年9月/エクストレイル
    滑らかに、しなやかに。その走りはアスリートのように。
  • ■東京辰巳国際水泳場
    ■東京都江東区辰巳
    ■1993年8月 開場
  • ここは、世界大会が数多く開催され、「スイマーの聖地」とも呼ばれる国際規格の水泳用プール施設。可動床を採用しており、さまざまな競技やシーンに合わせて水深を1.4m~3mまで変更することができます。エクストレイルに搭載のインテリジェント 4×4もまた同じく、あらゆる路面や走行シーンに応じて、自動的にトルク配分を変更。競泳のアスリートのように、力強く、そして、滑らかな理想の走りを実現します。
  • 2020年10月/NV350キャラバン
    先の動きを読むことが、本当の安心になる。
  • ■東京経済大学図書館
    ■東京都国分寺市南町
    ■2014年4月 開館
  • ここは、約80万冊もの資料を所蔵する教育研究活動の本拠地「東京経済大学図書館」。すべての蔵書にICタグを貼付し、先進のIC管理システムを導入。これにより館内で利用された本の動きを把握し、大切な本を紛失や盗難から守ります。キャラバンに搭載のインテリジェント エマージェンシーブレーキ。自車の動きを把握し、衝突回避や被害軽減をサポートするこの先進技術が、乗る人の安全を守り、安心のドライブを贈ります。
  • 2020年11月/フェアレディZ
    伝統と進化なくして、美しいデザインはつくれない。
  • ■サニーヒルズ 南青山
    ■東京都港区南青山
    ■2013年9月 竣工
  • ここは、南青山の街並みの中でもひときわ目を引くスイーツ店「サニーヒルズ 南青山」。建築家・隈研吾氏が手がけたデザインには、「木組み」という日本の伝統技法を応用した最先端の建築技術を採用し、アートのような美しさで人々を魅了します。1969年に誕生したFAIRLADY Z。そのロングノーズ・ショートデッキスタイルは、50年経った今もなお受け継がれながら、進化を重ね、この建物のように美しさを放っています。
  • 2020年12月/シーマ
    安全とは、安心を全方位で叶えるということ。
  • ■東京国立博物館 法隆寺宝物館
    ■東京都台東区上野公園
    ■1999年3月 竣工(2016年4月 リニューアル)
  • ここは、法隆寺の献納宝物300点あまりを収蔵する展示施設。免震装置をはじめ、構造物への負担を軽減するアルミハニカムパネルの屋根や、ドイツのガラス製品メーカー・グラスバウハーン社による飛散防止フィルムをはさんだ高透過低反射ガラスの特注展示ケースなどを採用。シーマも多彩な先進技術で周囲の安全を支える全方位運転支援システムを搭載。この技術が宝物を守るように、乗る人を安心で包みます。