「コンパクトカーは日常の移動手段」と考えている人にこそ知ってほしい 運転する楽しさを改めて教えてくれる 日産「ノート e-POWER」の新感覚ドライブ体験! 「コンパクトカーは日常の移動手段」と考えている人にこそ知ってほしい 運転する楽しさを改めて教えてくれる 日産「ノート e-POWER」の新感覚ドライブ体験!

※ナンバープレートはハメコミ合成です。

日産「ノート」がコンパクトカー市場をリードする人気モデルとなった要因として、ガソリンエンジンを発電のみに使い、EVライクな100%モーター駆動を実現した「e-POWER」の存在は大きい。そして、2020年12月、約8年ぶりのフルモデルチェンジを果たした最新モデルには、第2世代「e-POWER」が採用され、これまで以上に「運転して楽しいコンパクトカー」へと進化を遂げていると言う。本特集では、手ごろな価格で手に入る「Sグレード」を使って、「ノート e-POWER」による新感覚のドライブ体験をじっくりと味わってみたい。

走行性能 第2世代「e-POWER」搭載。どこまでも走りたくなる「運転して楽しいコンパクト」

2020年12月、コンパクトカー市場をけん引してきた日産「ノート」がフルモデルチェンジされた。人気モデルのフルモデルチェンジだけに、大きな注目を集めたが、なかでも多くの人を驚かせたのは、これまでラインアップされていたガソリン車を廃し、パワートレインが「e-POWER」に一本化されたこと。コンパクトカーも電気で走るのが当たり前の時代に突入したことを、改めて実感した人も少なくなかったはずだ。

ご存知の人も多いと思うが、「e-POWER」とは、発電用のエンジンと駆動用のモーターを組み合わせた、日産独自のパワートレインの名称だ。一般的なハイブリッドカーはエンジンとモーターの両方で駆動するが、これとは異なり、「e-POWER」のエンジンは発電用に特化し、駆動輪と機械的につながっていないところがポイント。つまり、駆動は100%モーターで行われるため、その走りはまさにEV(電気自動車)そのものと言ってよい。しかも、EVの最大の弱点である充電の心配がない。将来的なEV化を先取りしつつも、現状においては安心して乗れるという、たいへん実用的な方式なのである。

そんな新型「ノートe-POWER」の実力をチェックすべく、試乗車として用意したのは「Sグレード」。進化した第2世代「e-POWER」を搭載しながら、カーナビ、ドライブレコーダー、ETCを装備しても、諸経費込みの乗り出し価格が250万円以下(税込、2021年7月時点)という手ごろな価格を実現したグレードである。「『ノートe-POWER』って、コンパクトカーとしてはかなり高価だよね……」と感じている人も多いだろうことを踏まえ、あえて、このお求めやすい「Sグレード」を使用し、その乗り味をじっくりとレポートすることとした。

上位グレード「Xグレード」と同じ第2世代「e-POWER」を搭載しながらも、手ごろな価格を実現した「Sグレード」を使って、新感覚のドライブ体験を味わってみた
先代の「e-POWER」に比べ、第2世代「e-POWER」では、モーター出力とトルクが向上され、よりパワフルな走りが楽しめるように進化を遂げている。また、減速性能をチューニングしたことで、アクセルをゆるめた際に起こる減速の挙動もより自然でなめらかに。なめらかな路面ではエンジン作動の頻度を抑え、ロードノイズの大きな路面では、エンジンが起動し充電するという、全体を通してエンジンの存在を感じさせない工夫も取り入れた

モーターの出力やトルクを向上させつつ、乗り味はよりなめらかに

新型「ノートe-POWER」の進化は、シートに座り、クルマを始動させる瞬間から感じられた。先代モデルでは、エンジンがそれなりの振動とともにブルンと始動していたが、新型「ノートe-POWER」では、エンジンが始動したことがわからないほど静かで、振動も抑えられている。システム全体として洗練された印象だ。

走り始めると、その印象はさらに強くなる。特に静粛性の向上が顕著で、エンジン自体の静粛性が引き上げられているのはもちろん、ボディの遮音性能も向上していることを感じる。さらに、ロードノイズの小さな場面ではエンジンの始動を控え、ロードノイズが大きな場面では積極的にエンジンを回して充電するなど、制御に工夫を凝らしたことで、エンジンの駆動音もほとんど感じられず、その存在を忘れてしまうほどだった。

また、先代モデルは、アクセルの踏み込みに反応してトルクが一気に立ち上がる、いかにもモーター駆動らしいガツンとした加速感があったが、新型ではそれがマイルドになった。モーターは先代から一新され、最高出力は80kw(109PS)から85kw(116PS)へ、最大トルクは254N・m(25.9kgf・m)から280N・m(28.6kgf・m)へと引き上げられているため、数字上の加速力は向上しているが、加速自体は体感的に穏やかになったように感じる。

「マイルド」「穏やか」という印象は減速時にもはっきり感じられる。先代モデルは、アクセルをオフにすると回生ブレーキの影響で減速Gがグッと立ち上がるEVライクなメリハリがあり、それはそれでドライバーとしては楽しくもあったが、助手席や後席に乗る人からは、「運転がちょっと雑」と思われることもあった。新型「ノートe-POWER」は、減速Gこそ0.15Gと先代モデルと変わらないが、プロドライバーのブレーキ操作技術を導入するなど、細部にわたって減速力のチューニングが図られており、アクセルオフからの減速が格段にスムーズになっている。さらに、アクセルペダルを離した際、発生する減速度合いに応じてブレーキランプが点灯。減速していることを後続車に知らせることができるようになったのも先代モデルからの変更点となる。なお、ブレーキランプ点灯時はメーター内のアイコンが点灯することで、その状況をドライバー自身も確認できるので便利だ。もちろん、先代モデルでも好評だった、アクセルペダルで加速、減速ができるワンペダル感覚の操作感は健在で、コーナーが連続するような状況を、アクセル操作だけで走り抜ける感覚は、痛快であり、近未来的でもある。

ストップ&ゴーの多い市街地でも、100%モーター駆動の「e-POWER」ならではの加速性能で、ストレスなくドライブを楽しめる。第2世代「e-POWER」の特徴のひとつが、先代モデルに寄せられたユーザーの声を反映して、低速時のクリープ走行を追加したこと。これにより車庫入れなどの際の扱いやすさも向上している
高速道路への合流や追い越しでも、アクセルペダルの踏み込みに反応して、トルクがリニアに立ち上がるため、実に快適だ。それでいて室内の静粛性は高く、運転感覚としてはEVそのもの。これまでガソリン車に乗ってきた人にとっては、「別の乗り物」と感じてしまうほど静かだ

走行モードの選択で運転の楽しさや便利さはさらに広がる

新型「ノートe-POWER」の走行モードには、「エコ」「ノーマル」「スポーツ」という3つが用意されており、通常は「エコ」が選択されている。と言っても、従来モデルより強い加速が得られるようチューニングされているため、「エコ」でもパフォーマンスに不満は感じられない。なお、モードを切り替えることで大きく変化するのはアクセルオフ時の減速の具合だ。「エコ」と「スポーツ」はアクセルから足を離すと前述の回生ブレーキによる減速がかなりしっかりと効くのに対して、「ノーマル」ではその減速がごくわずかに抑えられている。これは、ガソリン車から乗り換えた人が違和感を覚えずに運転できるよう考慮されたものだろう。

また、「エコ」や「スポーツ」を選択した状態でシフトを「Bレンジ」に入れると、減速Gが0.15Gから0.18Gにさらにアップする機構も採用。特にアップダウンやコーナーが続く山道などを走る場合、この「スポーツ」+「Bレンジ」の組み合わせは魅力的だ。一般的なコンパクトカーのCVTは、上りでは加速が物足りなく、下りではむしろブレーキをひんぱんに踏むことになるが、これなら、胸のすくようなモーターの加速と、アクセルを離したときの強い減速が両方とも得られるため、文句なしに楽しい。

このほか、「EV」スイッチを押すことで切り替えられる「チャージモード」「マナーモード」は先代モデルから踏襲されている。スイッチの長押しにより「チャージモード」を選択すると、エンジン発電を継続させてバッテリー残量を上げるので、バッテリー残量が心もとなくなってきた場合に便利。また、「マナーモード」を選択すると、エンジン発動を極力抑え、バッテリーだけで走行するため、深夜や早朝、住宅街を走る時などに効果的だ。

以上、都市部、高速道路、そして、アップダウンやコーナーの多い郊外の一般道と、「Sグレード」を使ってインプレッションを行ってみたが、新型「ノートe-POWER」ならではの走りを存分に味わうことができた。予算的に上位グレードの購入は難しいという人にとっても、この「Sグレード」なら、かなり現実的な選択肢となるはずだ。

交通量の少ない郊外の一般道。それなりにアップダウンやコーナーが続く道だったが、アクセルの開閉だけで新型「ノート e-POWER」を自在に操ることができた。「スポーツ」+「Bレンジ」を選択すると、上りは力強く、下りのコーナー手前ではしっかりと減速してくれるため、爽快かつ安心してドライブが楽しめる
フロントシートは、コックピット然とした適度な包まれ感がある。前方の視界も良好で、第2世代「e-POWER」ならではのなめらかで力強い走りを楽しめる特等席、といった印象だ

デザイン 日産が提案する先進的かつ躍動的な新世代デザインも見どころ

昨今のクルマはモデルチェンジのたびにボディサイズが大きくなる傾向にあるが、新型「ノートe-POWER」の場合は、全幅と全高は先代モデルと同じで、全長は55mm短くなり、より取り回しやすいサイズになっている。ところが、パッと見て「小さくなった」という印象はなく、むしろ「立派になった」と思えるほど。これは「タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム」という、日産のデザインコンセプトによるところが大きい。伝統工芸の組子をモチーフとしたフロントグリルなど、先鋭的でありながら、日本の風景にスッとなじむデザインセンスはさすがだ。

また、日産の最新EVとして話題の「アリア」とデザインモチーフを共有している部分も多く、シンプルなデザインながら、作り込みは精緻で、質感も高い。たとえば、ひと目で日産車だとわかるVモーショングリルには強い存在感を感じるし、フロントグリルと一体化した薄型ヘッドランプはシャープな印象。ボディサイドからリヤへ伸びたキャラクターラインは、リヤウインドウ後端でキックアップし、横一文字のリヤコンビネーションランプへと続く。シンプルかつモダンで、隙のないデザインだ。

新型「ノートe-POWER」のボディサイズは4045(全長)×1695(全幅)×1505(全高)mm。先代モデルより全長が55mm短くなり、より取り回しやすいサイズとなった
新世代Vモーショングリルを採用したフロントマスク。グリルと一体化した薄型のヘッドランプなど、最新EVの「アリア」を想起させるデザインエレメントも多い
ボディ後端に向かってキックアップするキャラクターラインや、タイヤの存在感を強調する前後のフェンダーライン、ブラックアウトさせたBピラーなど、シンプルさと躍動感をうまくミックスさせたサイドビューとなっている
横への広がりを強調した水平基調のデザインで、ひとクラス上の車格を感じさせるリヤコンビネーションランプ周り。「NISSAN」の文字が横一文字に配置された印象的なデザインだ

大型の液晶ディスプレイが並ぶインパネに次世代感を感じる

インテリアに関しても上質感は申し分ない。ボディサイズを超えた広がりを感じさせる横基調のインパネには、ひとクラス上のたたずまいを感じる。センターコンソールはフローティング構造で、シートに座った瞬間のやさしく包み込まれる感覚は、とてもコンパクトカーとは思えないものだ。

また、メーターフードとフレームを排した7インチのメーターディスプレイは、9インチのセンターディスプレイと連続した一体感あるデザインとなっており、次世代のクルマに乗っているという高揚感を感じさせてくれる。操作系は関連する機能別にまとめられており、初めて運転席に座ってもとまどうことなく操作できるはずだ。

上質で洗練された印象のインテリアだが、気持ちよく運転できるポイントは「音」にもある。ウインカーの操作音をはじめ、後退時やシートベルト未装着時の情報提供音が、新しく開発された音に変わっているのだ。音色を言葉で表現するのは難しいが、トーンは控えめで耳に心地よく、それでいて注意喚起には十分なもの。こうした音までデザインするところに、このクルマにかける日産の本気度がうかがえる。

ワイド感を強調したインパネや、フローティング構造のセンターコンソールが特徴のフロントシート周り。メーターとインフォテインメント用モニターが一体化するなど、先代モデルから質感が大幅に高められている
特別、豪華な仕様というわけではないが、ドアトリムの手触りをはじめ、スイッチ類の配置や操作感など、細かなところまで考え、作り込まれている。こうした点も上質さにつながっている大事なポイントだ

居住性&積載性 想像以上に広い室内空間と必要十分な積載性で、さまざまな利用シーンに対応

最後に、新型「ノートe-POWER」の居住性と積載性をチェックしていこう。フロントシートはクッションに十分な厚みがあり、座り心地は上々。前述のセンターコンソールによって運転席、助手席ともに適度な包まれ感があり、大型のアームレストに腕を乗せてのドライブは実に快適だ。

全長が短くなった分、リヤシートの居住性に不安を持つ人がいるかもしれないが、クラストップレベルのニールームや、ヘッドクリアランスがしっかりと確保されており、大人でもゆとりを持って座ることができる。ロングドライブでも疲れは最小限に抑えられるだろう。

フロントシートは包まれ感があり、クッション性やホールド性は申し分がない。前方、側方とも開放感があり、快適なドライブを満喫できる。ロングドライブでも、疲れは最小限に抑えられるだろう
全長が55mm短くなっていると聞くと、後席の空間が犠牲になっていないか気になる人もいるだろう。しかし、ホイールベースは先代モデルと同様、クラストップレベルであり、運転席に身長185cmのスタッフが座った状態でも、後席のニールームには十分なゆとりがある

1泊2日程度の旅行やキャンプなら余裕でこなす積載性

積載性も、コンパクトカーとしては十分なレベルだ。試しに、リヤシート使用時のラゲッジスペースに、400(幅)×250(奥行)×550(高さ)mmという飛行機内持ち込み可能サイズのスーツケースが何個載せられるか検証してみたところ、横並びに4個、余裕で積み込むことができた。なお、リヤシートは6:4の分割可倒式で、乗車人数や荷物の形状、量に合わせて調整可能。長尺物も余裕で積み込める。

このほか、細かな収納も充実しており、フローティング構造のセンターコンソールには大型の収納ボックスを備えるほか、下段にも収納スペースが用意される。「e-POWER」というシステムにばかり目が行きがちだが、居住性や積載性など、コンパクトカーでは不利になりやすい基本的な部分も実に高いレベルでまとめられていることがわかった。

リヤシート使用時でもラゲッジルームは十分な広さ。飛行機内持ち込み可能サイズのスーツケースが4個、余裕で積み込めた。これだけのスペースがあれば、1泊2日の旅行やキャンプ程度なら問題ないだろう。また、リヤシートは6:4の分割可倒式のため、乗車人数や荷物の量に合わせて柔軟にアレンジできる。シートの操作は、肩口にあるレバーを引くだけと簡単だ
センターコンソールの後方部分にはアームレストが装備され、それを開くと、手帳や眼鏡ケースなどを収納できる大型のボックスが用意されている。まだ、上下2段のフローティング構造となっているため、下段のセンターコンソールロアボックスも利用できるなど、コンパクトカーながら収納力はなかなかのもの

まとめ 運転して楽しいコンパクトカー」を賢く手に入れる、Sグレード」という選択肢

発売以来、大きな注目を集めてきた新型「ノートe-POWER」だが、先進的な機能や上質なデザインが話題になるいっぽうで、「高価でなかなか手が出せない……」という声も何度か耳にしてきた。そこで本特集では、カーナビ、ドライブレコーダー、ETCを装備しても、諸経費込みの乗り出し価格が250万円以下(税込、2021年7月時点)という手ごろな価格を実現した「Sグレード」を使ってレビューを行ってみた。

上位グレードとなる「Xグレード」と「Sグレード」は、内外装の装備や選択可能なオプションなどに違いがあるものの、車格やパワートレインはすべて共通。先進安全機能においても、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い防止アシスト」「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」といった主だった機能は標準装備されており、セットオプションで「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」を装着すれば、「Xグレード」と同様の「360°セーフティアシストシステム」が実現される、装備充実のスタンダードモデルである。そのため、「Sグレード」でも第2世代「e-POWER」による新感覚のドライブ体験をしっかりと味わうことができたし、デザイン的なスタイリッシュさや、室内の上質感、使い勝手のよさも十分に感じることができた。

限られた予算の中でコンパクトカー選びをしている人は、新型「ノートe-POWER」の「Sグレード」をぜひ選択肢に加えてみていただきたい。同車なら価格的な納得感だけでなく、100%モーター駆動による力強くてなめらかな走りや、アクセルペダルで加速、減速ができるワンペダル感覚の操作感など、さまざまな面で楽しさや満足感をもたらしてくれるはずだ。

【この記事は、2021年8月に価格.comに記事広告として掲載されたものです。】