宮城県 小原温泉湯元吊り橋 - UNPREDICTABLE PUTTING LINE : 悪夢の吊り橋

”パターはヒヨコをつかむようにグリップせよ” というスコットランドの諺がある。言葉は知らなくとも、ゴルファーであれば、どれだけパターが繊細なものか痛感しているはず。11Hは、パッティンググリーンという名の吊り橋だ。わずかな動揺で、橋は大きく揺れ動く。失敗は許されない。ミスに気づいた時には、既にボールは川へ落下し、魚の餌になっているのだから。 ※イラストには、コース外のエリアが一部含まれている可能性がございます。

宮城県 小原温泉湯元吊り橋 - UNPREDICTABLE PUTTING LINE : 悪夢の吊り橋