sp_story_mv_01.jpg
sp_story_img_01.jpg
pc_story_h1.png
pc_story_h2_01.png
sp_story_h2_01.png
 東京都荒川区。細い路地に古い街並が軒を連ねるこの場所から、杉並区の納品先へと車を走らせるのは、椅子の修復・製造を手がける職人、中野優治だ。今回仕上げたのは、チーク材で出来た年代ものの椅子。椅子の高さの調整や座面の張り替えを担当した。
sp_story_img_02.jpg
pc_story_img_01.jpg
「椅子の高さは、座る人に合わせてミリ単位で合わせます。座面は固いものから柔らかめなど、好みが反映される感覚的なもの。意に沿うように試行錯誤を続けます」と中野は話す。
sp_story_img_03.jpg
pc_story_img_02.jpg
 中野が代表を務める㈲インテリア・ユウは創業50年以上の老舗だ。先代の父が興した会社を中野が引き継いだ。父亡き後は、弟、息子とともに会社を切り盛りしている。主な仕事は、皮や布製のシートをカッティングし、縫製し、椅子(ソファ)の中にウレタン材などを入れ、きれいに覆って止めるというものである。
sp_story_img_04.jpg
pc_story_img_03.jpg
「父は世界的な著名人の椅子なども手がけた腕の良い職人でした。その技術が認められ、今でも個人宅の応接間のソファやダイニングチェアーのみならず、伝統ある文化施設のラウンジソファーなど、椅子に関する様々な依頼があります」
sp_story_img_05.jpg
pc_story_img_04.jpg
pc_story_h2_02.png
sp_story_h2_02.png
 納品先に着くと、中野自ら仕上げた椅子を丁寧に運び入れる。依頼主は50代の女性。椅子のほかにも、祖父の代から愛用している栗の木のテーブルの修復を過去に依頼したことがあるという。今回の椅子も、その出来上がりを見るや「グラグラしていた脚や痛んでいた座面がきれいに直りました」と感嘆の声を上げた。
 帰りの車で、安堵した様子で中野は言う。「椅子それぞれに、『両親の時代から使い込んできた』『この椅子で育ってきた』など、依頼主それぞれの愛着がこもっています。だからこそ、その気持ちを守るように、シートの張り方や縫い目の隅々まで注意を払って仕上げるのがモットーです」
pc_story_img_05.jpg
sp_story_img_06.jpg
 中野が請け負う椅子の仕事は、私達の身近な生活の中にも活かされている。ファミリーレストランやカラオケボックスなどに備え付けられたソファ、インターネットカフェのフラット席なども手がけているのだ。
「業務用の発注では、工事前の図面の段階で寸法を測り、そこにぴったりと合うソファを作らなければなりません。備え付けのものが多く、作業は人気のない深夜帯に行うことになります。荷室にウレタンやシートをたくさん乗せて、幾晩も通いつめるため、必然的に車内で過ごすことが多くなりますね」
pc_story_img_06.jpg
sp_story_img_07.jpg
pc_story_h2_03.png
sp_story_h2_03.png
 椅子製造に特化した業界で生きる中野。手作りの良さや職人の技を求める顧客がいる一方、海外産のローコストの椅子を「使い捨てる」時代でもあることを感じている。
「ネットで安い椅子が簡単に手に入る時代ですから、椅子製造の業界は、確かに縮小傾向ではあります。それでも、手にかけた椅子を自分でお客様に届けるような対面の商売は大切にしていきたい。大量販売を目指して会社を大きくするのではなく、これからもひとり一人のお客様に向き合う仕事をしていくべきだと思っています。息子には、『椅子職人はこれからも、決して食いっぱぐれない仕事だぞ』と話していますよ」
sp_story_img_08.jpg
pc_story_img_07.jpg
椅子職人の中野にとって、プロフェッショナルとは――。

 「納期を守り、お客様に納得してもらえるのが第一。その上で、どこまでお客様にプラスアルファの喜びを与えられるか。座面を張り替えて目立つようになった木部の傷を、さりげなくそっと補修してあげられる心遣いがプロとしての態度だと思います」
sp_story_img_last.jpg

1963年7月1日
(東京都荒川区)

職種:椅子製造業

職歴:36年

会社名:㈲インテリア・ユウ

顧客によっては複数の家具を荷室に積載しなければならないため、出来る限り余計なものを置かず、繊細な椅子や家具などを傷めない配慮として、荷室の床面に自作のレザーシートを備え付けている。

*1

モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。

*2

NV350キャラバンのインテリジェント エマージェンシーブレーキは、約5km/h以上で前方の車両に作動します。停止している車両に対しては、約80km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。ただし、積載量や乗車人数などの条件によって、作動速度は異なります。

 ※

小型貨物車4ナンバーバンクラス(2017年5月現在 日産調べ)。

安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。