sp_story_mv_01.jpg
sp_story_img_01.jpg
pc_story_h1.png
pc_story_h2_01.png
sp_story_h2_01.png
sp_story_img_02.jpg
 昨年4月に発生した大震災の影響で、多くの店舗や住民が立ち退きを余儀なくされた、熊本県益城町。そんな空室のひとつで、いま、一件の児童福祉施設がオープンを一週間後に控え、工事の真っ只中にあった。

 職員たちが静かに見守る中、空調設備業を営む河内が、慣れた手つきで最新の業務用エアコンを天井に取りつける。

「これからをここで過ごす人たちに、ストレス無く快適な空気の中で生活をして欲しい」。開業当初から掲げてきたそんな思いを胸に、まっすぐな眼差しで上を見つめる河内の表情は晴れやかだ。
pc_story_img_01.jpg
sp_story_img_03.jpg
 現場がある熊本県益城町は、最大震度7を観測した熊本地震の震源地で、県内でも特に被災の激しかったとされる一帯だ。ブルーシートで覆われた家々の屋根や、コンクリートの壁面を走るおびただしい数の亀裂を見るだけでも、その被害が如何に凄まじいものだったのかを伺い知ることができる。
pc_story_img_02.jpg
sp_story_img_04.jpg
「暑い時には涼しく、寒い時には暖かく。生きていく上で当たり前だったこの感覚が、当たり前ではなくなった体験こそ、今回の震災でした。発生したのは四月でしたが、家もなく電気も点かない生活は、とにかく寒く感じられました。そんな理由もあって、エアコンや給湯器の復旧を求める声は、震災直後からあったんです」
sp_story_img_05.jpg
pc_story_h2_02.png
sp_story_h2_02.png
 自らも被災する中で、始めは戸惑い、苦しんでいた河内。けれども周りを見渡せば、飲食店のスタッフは率先して炊き出しを始めていたし、コンビニでレジを打っていた店員も、自分のことは後回しに、休みなく働いていた。
「途中、炊き出しのおにぎりを一つだけいただいたんです。感謝してゆっくりと食べながら、生かされたこの一日を、ただ地震速報を聞いて過ごすなんてできるわけがない、俺も誰かのためにできることをしよう。そのとき、素直にそう思えたんです」
pc_story_img_03.jpg
 震災発生当時、ほとんどの家で滞っていた給湯器や空調の修理。それは、日常的に空調に携わり、メンテナンスを行なってきた河内にしかできない仕事だった。

「みんな、暖かさに飢えていたんです。自分も被災している中で、お湯が出ない辛さは身にしみて感じていたので、一軒また一軒と作業を終えて感謝の言葉を受け取るたび、この仕事に使命のようなものを感じました。たかだかエアコンの修理に使命だなんて大げさに思われるかもしれませんけど、本当に今は、生まれ変わってもまたこの仕事がしたいと思っています」
sp_story_img_06.jpg
pc_story_h2_03.png
sp_story_h2_03.png
 大分で生まれ、すぐに福岡へ。以来、空調設備の仕事に就いてから今日までをずっと熊本で過ごしてきた河内にとって、いつしかそこは第二の故郷とも呼べる場所になった。

「熊本の人は、とにかく親切。その一言に尽きます。この街に骨を埋めようと思ったのは、もともとよそ者だった自分にも周囲の人が親身になってくれたからでした」
pc_story_img_04.jpg
 けれど、熊本がかつての活気を取り戻すためには、まだまだ時間がかかるだろう。そのことを熊本に住んでいない人たちに伝えたい、と河内は熱を込めて話す。

「震災からまだ一年も経っていないのに、あるお客様から(震災が)随分前のように感じられると言われ、ショックを受けました。熊本にはまだまだ人の助けが必要で、今も必死で頑張っている人たちがいる。そのことは、絶対に忘れて欲しくないんです」
sp_story_img_07.jpg
pc_story_img_05.jpg
——— 震災を通じた経験から仕事のやりがいに気づいた河内にとって、プロフェッショナルとは、どのような人物を指すのだろうか。最後に聞いた。


「地震が起きたその瞬間、誰もが家に帰りたかったはずです。そこには帰りを待っている人や大切な人がいたかもしれない。でもみんな、すぐに自分の仕事を始めたんです。コンビニの店員さんも、居酒屋の従業員さんも、職種は関係ありませんでした。仕事に誇りを持ちながら、その仕事がどこかで誰かの役に立っていることを理解していること。それこそ、自分が震災を通じて感じたプロフェッショナルな仕事でした」


※熊本市より特別な許可を得て、撮影を行っております。
sp_story_img_last.jpg

1974年11月28日
(大分県佐伯市)

職種:空調設備業

職歴:17年

会社名:ケイズフィールディング合同会社

理想の走行を求めタイヤをチューンナップし、運転席周りもカスタム。仕事のサポートだけでなく、震災時の車中泊にも対応する居心地を追求した。

*1

モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。

*2

NV350キャラバンのインテリジェント エマージェンシーブレーキは、約5km/h以上で前方の車両に作動します。停止している車両に対しては、約80km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。ただし、積載量や乗車人数などの条件によって、作動速度は異なります。

 ※

小型貨物車4ナンバーバンクラス(2017年5月現在 日産調べ)。

安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。