気温が高い日の事故を防ぐ #熱駐症 ゼロプロジェクト

気温が高い日の駐車場。車内は、想像を絶する暑さになります。
気温35℃の猛暑日なら、車内の温度は70℃を超えることも。
ほんのちょっとの時間でも、車内に残された子どもやペットは
大きな危険にさらされます。それが、「#熱駐症」。
日産は様々なアクションを通じて熱駐症ゼロを目指します。

検証結果

検証日天候:晴れ/気温32℃

ペットボトルのキャップが飛ぶ

41min 40℃(ダッシュボード付近62℃) => ペットボトルのキャップが飛ぶ

43min 41℃(ダッシュボード付近65℃) => カフェオレの中身が溢れ出てくる

43min 41℃(ダッシュボード付近65℃) => カフェオレの中身が溢れ出てくる

77min 52℃(ダッシュボード付近69℃) => グミが変形する

77min 52℃(ダッシュボード付近69℃) => グミが変形する

79min 53℃(ダッシュボード付近70℃) => ペンの文字が消える

79min 53℃(ダッシュボード付近70℃) => ペンの文字が消える

83min 54℃(ダッシュボード付近72℃) => クレヨンが溶け始める

83min 54℃(ダッシュボード付近72℃) => クレヨンが溶け始める
時間経過 / 車内温度(ダッシュボード付近)

「ペットボトルのキャップはいつ飛んだのか?」「クレヨンは何度で溶けたの?」など、
ムービーに関するご質問を多数いただいたため、撮影時の温度や物の変化をグラフにしました。
特にダッシュボード付近は70℃以上を記録!車を離れる際はくれぐれもお気をつけ下さい。

  • ※気象条件や車両環境(サイズ•内外装の仕様等)、駐車状況、及びそれぞれの実験対象物の仕様により結果が異なるため、あくまで参考値となります。
  • ※夏場の車内放置の危険性を検証するための実験結果となりますので、絶対にマネをしないでください。

ACTION!

カーナビでお知らせ!真夏日アラート

日産が提供するテレマティクスサービス「CARWINGS」のシステムを活用し、
真夏日の予報が出るエリア(県単位)に在住の方の車両のナビ画面に警告表示を配信する
「真夏日アラート」を実施しました。

Tips for #熱駐症

JAF推奨の車内放置対処法

  1. [1]暑い車内に子供やペットを残してインキーをしてしまった時の対処法
    子どもが危険な状態になっている可能性があるので、鍵があいたあとすぐに対応できるよう消防に連絡をしておく。
    中の子どもに直射日光が当たっているかもしれないのでダンボールやブルーシートなどで日陰をつくる。(チャイルドシートを着用している場合、直射日光から逃げられないため)
    自分の車であればガラスを割って消防を呼ぶ。
  2. [2]暑い中車内放置をしている車を見つけてしまったらどうしたらよいか?
    お店の駐車場であれば店員に報告する。
    消防を呼び対応を依頼する。

JAFでは暑くなった車を冷やすため、どのような方法が有効かの実験も行っています。

詳しくはこちら

MAKING OF PROJECT MOVIE

車内が無人の状態でカメラが自由に行き来し、しかも放置物がどんどん変化していく。
この摩訶不思議な映像は、計算され尽くされた、特殊な撮影と編集方法で作られています。

車内をカメラが進みながら、放置物が変化する映像は、タイムラプス撮影+クルマの天井に設置したリモートコントロールレールで制御しています。
天井に設置されたレールは120cmあり、1秒間に1枚シャッターを押しながら、約1時間半かけて往復するという動きを、コンピューターでコントロールしています。
タイムラプスで1時間半往復することで、炎天下の中で放置された、リアルな車内の様子を撮影することができました。
1時間半で撮影された写真枚数はなんと2175枚。

監督のアイディアと、スタッフの努力が合わさって出来上がったこの映像。もう一度違った目で見てもらうと、より不思議な世界が広がってくるかもしれません。

  • MAKING OF PROJECT MOVIE 1st
  • MAKING OF PROJECT MOVIE 2nd
  • MAKING OF PROJECT MOVIE 3rd
  • MAKING OF PROJECT MOVIE 4th