アフターサービス
ホーム > アフターサービスTOP > 故障 > 曲がるときの故障診断

曲がるときの故障診断

おクルマでカーブの道を曲がるとき、どんな症状ですか?以下の症状が現れたらお近くの日産のお店にご相談ください。

カーブで左右の曲がり具合が違う

考えられる原因1:サスペンション減衰装置のオイル漏れ

サスペンションの減衰装置がオイル漏れなどにより十分にはたらかなくなったことが考えられます。

サスペンションの減衰装置がオイル漏れなどにより十分にはたらかなくなったことが考えられます。

このまま使い続けると…

直進安定性が悪くなったり、タイヤの編摩耗が起こったりします。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

考えられる原因2:タイヤが均等に摩耗していない

タイヤが均等に摩耗していないことが起因していると考えられます。

タイヤが均等に摩耗していないことが起因していると考えられます。

このまま使い続けると…

走行に悪影響を及ぼしかねません。

矢印

タイヤローテーションを行うことでタイヤの偏摩耗を防ぐことができます。
また、定期点検を受けていただくことによってタイヤの溝チェックを受けることになり、必要に応じてタイヤローテーションも実施します。

関連商品タイヤタイヤのメンテナンス

ハンドルが重い

考えられる原因:タイヤの空気圧が不十分

タイヤの空気圧が不十分なことから転がり抵抗が増し、エンジンやハンドル操作に余分な負荷を与えている可能性があります。

タイヤの空気圧が不十分なことから転がり抵抗が増し、エンジンやハンドル操作に余分な負荷を与えている可能性があります。

このまま使い続けると…

燃費やハンドル操作に影響を与えるだけでなく、パンクもしやすくなります。

矢印

タイヤの空気圧を点検します。
また、定期点検を受けていただくと、タイヤの空気圧調整も定期的に点検を受けることになります。

関連商品タイヤタイヤのメンテナンス

真っすぐ進まない

考えられる原因:タイヤが均等に摩耗していない

タイヤが均等に摩耗していないことが起因していると考えられます。

タイヤが均等に摩耗していないことが起因していると考えられます。

このまま使い続けると…

走行に悪影響を及ぼしかねません。

矢印

タイヤローテーションを行うことでタイヤの偏摩耗を防ぐことができます。
また、定期点検を受けていただくことによってタイヤの溝チェックを受けることになり、必要に応じてタイヤローテーションも実施します。

関連商品タイヤタイヤのメンテナンス

曲がるときに異音がする

考えられる原因1:ドライブシャフトゴムカバーの劣化

エンジンの動力をタイヤに伝えるドライブシャフトを保護しているゴムカバーの劣化による、ジョイント部の損傷が考えられます。

エンジンの動力をタイヤに伝えるドライブシャフトを保護しているゴムカバーの劣化による、ジョイント部の損傷が考えられます。

このまま使い続けると…

走行に大きな支障をきたしかねません。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

考えられる原因2:パワーステアリングベルトの劣化

エンジンから、パワーステアリング装置へ動力を伝達しているベルトが劣化してしまい、スリップを起こしていることが考えられます。

エンジンから、パワーステアリング装置へ動力を伝達しているベルトが劣化してしまい、スリップを起こしていることが考えられます。

このまま使い続けると…

ベルトが切れてしまい、ハンドルが急に重くなったり、またそのベルトで駆動されている他の装置もはたらかなくなります。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

関連商品ベルト類