アフターサービス
ホーム > アフターサービスTOP > 故障 > 走るときの故障診断

乗り心地が悪くなった/走っているときにクルマが安定しない

考えられる原因:サスペンション減衰装置のオイル漏れ

サスペンションの減衰装置がオイル漏れなどにより十分にはたらかなくなったことが考えられます。

サスペンションの減衰装置がオイル漏れなどにより十分にはたらかなくなったことが考えられます。

このまま使い続けると…

直進安定性が悪くなったり、タイヤの偏摩耗が起こったりします。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

燃費が悪くなった

考えられる原因1:タイヤの空気圧が不十分

タイヤの空気圧が不十分なことから転がり抵抗が増し、エンジンやハンドル操作に余分な負荷を与えている可能性があります。

タイヤの空気圧が不十分なことから転がり抵抗が増し、エンジンやハンドル操作に余分な負荷を与えている可能性があります。

このまま使い続けると…

燃費やハンドル操作に影響を与えるだけでなく、パンクもしやすくなります。

矢印

タイヤの空気圧を点検します。
また、定期点検を受けていただくと、タイヤの空気圧調整も定期的に点検を受けることになります。

関連商品タイヤタイヤのメンテナンス

考えられる原因2:エンジンオイルの劣化

燃費が悪くなった原因としてエンジンオイルの極端な劣化が考えられます。

燃費が悪くなった原因としてエンジンオイルの極端な劣化が考えられます。

このまま使い続けると…

エンジンの大きなトラブルになりかねません。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
同時に、エンジンの内部を洗浄しエンジン性能を回復させるエンジンリフレッシュもおすすめです。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

関連商品エンジンオイルエンジンリフレッシュ

エンジンから異音がする

考えられる原因1:マフラーの損傷

マフラーの消音部の損傷により、排気ガス洩れを起こし排気音が十分に消音されていない可能性があります。

マフラーの消音部の損傷により、排気ガス洩れを起こし排気音が十分に消音されていない可能性があります。

このまま使い続けると…

損傷がひどくなり、排気音がさらに大きくなったり、マフラーが脱落してしまう可能性もあります。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

考えられる原因2:パワーステアリングベルトの劣化

エンジンから、パワーステアリング装置へ動力を伝達しているベルトが劣化してしまい、スリップを起こしていることが考えられます。

エンジンから、パワーステアリング装置へ動力を伝達しているベルトが劣化してしまい、スリップを起こしていることが考えられます。

このまま使い続けると…

ベルトが切れてしまい、ハンドルが急に重くなったり、またそのベルトで駆動されている他の装置もはたらかなくなります。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

関連商品ベルト類

エンジンがかかりづらくなった

考えられる原因1:バッテリーの劣化

バッテリーの劣化によりエンジンを始動するためのスターターモーターを回しづらくなったことが考えられます。

バッテリーの劣化によりエンジンを始動するためのスターターモーターを回しづらくなったことが考えられます。

このまま使い続けると…

エンジンがかからなくなってしまいます。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

関連商品バッテリーバッテリーのメンテナンス

考えられる原因2:スパークプラグの消耗

燃料を発火させ、エンジンを始動させるスパークプラグの消耗が考えられます。

燃料を発火させ、エンジンを始動させるスパークプラグの消耗が考えられます。

このまま使い続けると…

さらにエンジンがかかりづらくなり、アイドリングも不安定になる恐れがあります。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。

関連商品スパークプラグ

アクセルを踏んでも加速しない(MT車)

考えられる原因:クラッチ板の摩耗

クラッチ板の摩耗が限度値を超え、エンジンの出力がタイヤを回すトランスミッションに正しく伝わらなかったことが考えられます。

クラッチ板の摩耗が限度値を超え、エンジンの出力がタイヤを回すトランスミッションに正しく伝わらなかったことが考えられます。

このまま使い続けると…

車両が全く動かなくなる恐れがあります。

矢印

日産が確実に修理・交換します。
また、定期点検を受けていただくことによって消耗品による故障を未然に防ぐことも可能です。