おまかせカーライフ ワンポイントアドバイス 事故にあってしまったら

日ごろの備えと、落ち着いた適切な対処が必要です

誰もが「絶対に起こらない」とは言えないのが事故。落ち着いて対処できるよう、
事前に確認して安全運転への意識もアップしましょう。

あなたは、いざというときのために備えていますか?

Check!
  • 発炎筒のある場所はもちろん、使い方も知っている
  • 三角表示板はすぐに取り出せる場所に積載している
  • 保険会社の連絡先を車内に置いている
  • いつも行く日産のお店の連絡先はすぐにわかる
Step1
ケガ人を救護
ケガ人がいる場合はすぐに救護し、
必要があれば救急車の手配(119番)を行います。
Step2
事故車を安全な場所へ
車両を安全なところへ移動します。
また発炎筒や三角表示板を設置して後続車に知らせます。

発炎筒について三角表示板について

Step3
警察・消防へ連絡する
警察に事故を報告(110番)します。小さな事故でもきちんと
届け出をしましょう。必要があれば、消防にも連絡(119番)をします。
Step4
相手の方を確認する
相手の氏名、連絡先、クルマのナンバーを確認しメモに残しておきます。
Step5
事故状況と目撃者を確認する
記憶が薄れないうちに、事故の経過や現場の見取り図など
できるだけ多くの情報をメモします。カメラがあれば撮影も。
目撃者がいる場合、その方の連絡先も控えておきましょう。
Step6
日産販売店・保険会社へ連絡する
加入している保険会社の受付センターに連絡します。
クルマの修理が必要な場合は、日産のお店へご連絡を。

事故の対処法をもっと詳しく!

事故の後、おクルマの調子が
おかしいときはこちらをチェック!

万が一の事故のときは

故障

ページのトップへ戻る

発炎筒の知識

発炎筒は事故や故障などで路上に停車したときに後続車に
知らせるために使用するものです。
自動車の保安基準で車両への装備が義務付けられており、
有効期限内に交換が必要です。
火薬が入っているので交換の際は日産のお店で処分してもらうと
安心です。

燃焼時間 5分程度
視認距離 昼間600m、夜間2,000m
取付場所 通常助手席の足下に装着
イメージ
使い方
step1
車外の安全を確認し、
発炎筒を持って出る
step2
本体をひねりながら
出し、逆にして差し込む
step3
キャップ頭部の
すり薬でこすり、着火
step4
非常の合図を出す

発炎筒の紹介はこちら

ページのトップへ戻る

三角表示板の知識

事故や故障により高速道路で停車する場合は、
後続車にわかるように三角表示板でサインを出すことが
定められています。
設置場所は高速道路で50m手前、一般道で10m手前が目安です。
収納場所を決め、いざというときはすぐに取り出せるように
しておきましょう。

三角表示板 3,360円(収納カバー付・消費税込)

ページのトップへ戻る

「缶詰事故」も備えあれば憂いなし

交通事故でドアが開かなくなって中に閉じこめられる「缶詰事故」。
また近年日本各地でゲリラ豪雨による車両の冠水や水没事故が相次いでおり、
そうしたときには一刻も早く車内から脱出しなければなりません。
クルマの窓は、金づちでたたいても割れないほどの強度。しかし専用の破壊具なら、
簡単に破砕することができます。
また、シートベルトがロックされ動けない場合もあるので、
専用のグッズを使うとスムーズに対応できます。

緊急脱出用ガラス破壊具付発炎筒 1,554円(消費税込)
発炎筒に付いているピックで、
女性にも簡単に窓ガラスが割れる設計。

詳細はこちら

シートベルトカッター 525円(消費税込)
シートベルトにカッターを滑り込ませて
引っ張るだけで、簡単にカット。

ページのトップへ戻る