おまかせカーライフ ワンポイントアドバイス 冬のメンテナンス

これで万全!愛車の冬支度

イメージ

最初のチェックポイント

バッテリーが上がりやすい冬のドライブ。液量や電圧をチェックしておきましょう。
さらにラジエーター液とウィンドウォッシャー液の濃度にも注意。
この3点はまず確認しておきましょう。
シーズン初めに日産のお店で点検をしておけば、一冬安心できます。

ワイパーも快適・冬仕様に

「ウィンターブレード」は、雪の重さに耐えて、しっかり雪かき
できる頑丈なワイパー。ブレード全体がゴムで覆われて
いるので、凍結しない仕組みです。
通常のワイパーリフィールと同じく、交換目安は6か月。
シーズン前に交換しましょう。

ウィンターブレード

最初のチェックポイント

転ばぬ先のスタッドレス。早めの準備を
初めてドサッと雪が降った日は、タイヤ交換でお店は大混雑。事前に早期予約で実施すれば、タイヤ交換と冬を乗り切る点検がゆとりをもってできます。
ぜひ早めのご予約を。
シーズン中の点検も忘れずに!
通常のタイヤと同じく、スタッドレスタイヤも1か月ごとに空気圧点検を。適正値を保つことで、スタッドレスの性能をしっかり発揮します。合わせて減り具合や状態のチェックも。
スタッドレスタイヤは冬専用で
節約のために、とスタッドレスタイヤを夏に履くのは危険なので、おすすめできません。雪のない乾いた路面では、ハンドルの反応が鈍くなります。季節ごとの交換が基本です。
保管方法と交換時期は?

洗ってからよく乾かし、直射日光や高温多湿を避けて保管します。新品時より50%摩耗すると出てくるプラットホームは、交換のサインです。また、ゴムは使わない間も劣化するので、交換時期はお店の点検で確認を。

プラットホーム

あなたのクルマに合ったスタッドレスタイヤを見つけよう

おすすめ

ミシュランタイヤ MICHELIN

ミシュランのタイヤ開発の考え方 ミシュランの技術革新の歴史

■快適なドライブを実現するために、グリップ性能や排水性などの安全性はもちろん、
乗り心地、省燃費性、耐久性など、トータルバランスに優れたタイヤづくりで、常に高い
顧客満足度を獲得

詳細はこちら

ボディ床下コートで融雪剤からクルマをガード!

クルマの床下は、塩分を含む潮風や
融雪剤の影響でサビやすくなります。
一度サビてしまうと元に戻すのは
難しいもの。大切な部品を守るため
にも、 ボディ床下コートがおすすめです。

こんなところにサビが発生します。

おすすめ

ボディ床下コート

イメージ

  • ■床下・足回りのサビの発生を防ぐ
  • ■腐食の進行を防ぐ
新車やアルミ部分が多いクルマには「クリア」
  施工費込希望小売価格(消費税込) 効果
床下全面施工 11,550円〜 約12か月
部分施工
(サスペンション部分)
8,085円
すでにサビが発生していてお手入れが必要なクルマには「ブラック」
  施工費込希望小売価格(消費税込) 効果
床下全面施工 17,325円〜 新車の場合
約3年

既にお乗りの
おクルマの場合
約2年
部分施工
(サスペンション部分)
13,860円〜
部分施工
(ホイールハウス4箇所)
3,465円

詳細はこちら

冬のドライブまめ知識

雪道の走り方
ハンドルを切るタイミングをいつもより早めに、ゆっくりと。
急発進、急ハンドル、急ブレーキなど、急のつく運転は×。
車間距離は十分に!
ここがアブナイ!凍結しやすい場所
凍結しやすいのが『橋の上』『トンネル出入り口の日陰』、
『早朝と深夜の路面』など。多くのクルマが通る交差点も、
ツルツルの凍結路面になっていることが。
寒冷地での駐車対策
寒冷地での長時間駐車時はサイドブレーキを引かずに、
オートマチック車はPレンジに、マニュアル車はシフトレバーを
1かRにしておきましょう。またワイパーもフロントガラスに
凍り付かないよう立てておきましょう。
窓ガラスが凍ってしまったときは、ぬるま湯(熱湯は厳禁)を
かけ、すぐにワイパーを動かします。

ページのトップへ戻る

  • ※効果持続時間は目安です。おクルマの使用環境により、若干異なる場合があります。
  • ※都合により、一部取り扱っていない場合があります。
  • ※おクルマの仕様により施工できない場合があります。
  • ※詳しくは各販売会社のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。