おまかせカーライフ ワンポイントアドバイス  タイヤのメンテナンス

タイヤの健康と安全な走行のために

「走る」「曲がる」「止まる」というクルマの最も基本的な性能を支えるタイヤ。
タイヤチェックは、日産のお店におまかせください。

こんな症状はありませんか?

タイヤは消しゴムと同じで乗り方によって減り方もさまざま。
年月が経ち自然とゴムが劣化することもあります。
あまり乗っていないから大丈夫というわけではないのです。

イメージ

空気圧をチェック! チェックの目安:月1回

空気圧が低いと……
燃費が悪くなるばかりか、高速走行時に
バースト(破裂)したり、濡れた路面で
クルマが水の上を滑ってしまい、
ハンドルやブレーキが効かなくなる
ハイドロプレーニング現象が発生することも。
空気圧が高いと……
乗り心地が悪いばかりか制動距離が長くなり
大変危険です。
またタイヤがキズを受けやすくなります。

タイヤの空気圧は1か月で平均5%程度低下。スペアタイヤも空気圧チェックが必要です。 タイヤの空気圧適正値は運転席のドア付近に表示

溝の深さをチェック! チェックの目安:月1回

溝が浅いと……
スリップしやすくなります。特に濡れた路面で止まる性能が
大きく落ちます。また、ハイドロプレーニング現象も
発生しやすくなります。

デプスゲージでの残溝計測のほか、キズ、異常摩耗、変形、釘踏み、バルブもチェックします。

ローテーションでタイヤ長持ち! ローテーションの目安:5,000km走行後または半年ごと。

タイヤは装着する位置によって摩耗の仕方や
進み方が異なるため、定期的なローテーションが
タイヤを長持ちさせます。

※回転方向が指定されているタイヤは前後の入れ替え
のみとなります。

イメージ

タイヤの紹介はこちら

タイヤのメンテナンスはこちら

ページのトップへ戻る