おまかせカーライフ ワンポイントアドバイス エンジンのメンテナンス

エンジンが元気になれば、燃費も回復!

エンジンは大切なクルマの心臓部。エンジンが元気になれば快適な走りが得られるのは
もちろん、燃費も回復して一挙両得です。
お財布とエコのためにも、エンジンの調子を整え、燃費対策をしましょう。

こんな症状はありませんか?

このような気配や状態にひとつでも当てはまったら、エンジンの点検が必要です。

Check!
  • 給油の回数が増えた
  • 新車の頃より、坂道でパワー不足を感じる
  • アイドリング時、「ガラガラ」「カラカラ」といった音がする
  • 信号待ちの後、発進するときに加速が遅くなった
  • 過去一年間、エンジンの点検やメンテナンスを行っていない

エンジンと燃費の深い関係

ガソリンを燃やすエンジンの内部では、
奥にあるシリンダーと連携してたくさんの部品が
動いています。エンジンの活動は

  1. 1.吸気ポートから燃料と空気をシリンダーに入れる
  2. 2.ピストンで圧縮する
  3. 3.スパークプラグで点火

を一分間に何千回も繰り返します。
クルマが動くために常に動く部分なので、
徐々にススや不純物などの汚れがエンジン内部に
付着して燃焼効率の悪化やスムーズな動きを
阻害します。
エンジンのメンテナンスを行うことで、
エンジン本来の性能が戻り、パワー回復とともに
燃費にも効果があるのです。

イメージ

おすすめ

イリジウムプラグ

イメージ

燃費が気になるクルマは、プラグの点検も

  • ■どんな気候条件でも着実に着火、
    安定した走行が可能
  • ■安定した燃焼で加速性が向上
  • ■着火ロスの減少で低燃費を実現

詳細はこちら

おすすめ

エンジンリフレッシュ
施工前
施工前

→

施工後
施工後

パワー不足、燃費が悪いと感じたら

  • ■エンジンの細部に積した
    不純物の汚れを強力に除去
  • ■パワー不足、アイドリング不調、
    燃費の悪化などの症状を改善

詳細はこちら

ページのトップへ戻る

日産のエンジン点検は、ここまでしっかり

日産では特殊な機材を使ってエンジンを点検。機材をクルマにつなぐと、エンジンの回転数やセンサーなど内部の作動状況をデータで出力。アクセルやハンドルを操作することで変化するデータも分析します。
また試運転で「音・振動・パワー」を確認し、目に見えない部分も徹底的に調べます。

ページのトップへ戻る

エンジンにやさしい運転術

「急」のつく運転はNG
「急発進」や「急加速」など急のつく運転は禁物。
急激にクルマの回転数を上げるのでエンジンへの負担大です。
イメージ
エンジンをかけて約10秒待つ
止まっているとき、エンジンオイルは下に溜まっている状態。
エンジンをかけてから全体にオイルが行き渡るまでに約10秒。
このわずかな待ち時間が、エンジンの回転を滑らかにします。
イメージ

他にもある!燃費を良くするエコドライブのテクニック

LET'S eco DRIVE

ページのトップへ戻る

  • ※電気自動車はエンジンがないため、エンジンのメンテナンスはありません。
  • ※詳しくは各販売会社のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。