おまかせカーライフ ワンポイントアドバイス エンジンオイルのメンテナンス

エンジンオイルの交換は半年に1回

エンジンオイルはエンジンの動きを滑らかにするだけではありません。
エンジン内部をキレイにしたり、温度の上昇を防ぐなど、いくつもの役割を果たしています。
さらに、エンジンオイルは走行距離に関わらず酸化劣化をします。
エンジンを守るための力を100%発揮させるために、こまめな交換が必要となります。

こんな症状はありませんか?

このような気配や状態を感じたら、エンジンオイルの交換時期かもしれません。
すぐに点検してみましょう。

Check!
  • エンジンオイルをずっと交換していない
  • エンジンがパワーダウンした気がする
  • エンジンオイルを見てみたら、色が濃かった

エンジンオイルの点検方法

エンジンオイルの点検方法は意外とカンタンです。

イメージ

エンジンが停止している状態で10分以上
経過し、冷めているのを確認してから
点検を始めます。

※ボンネットを開けるときは、エンジンを
停止させてください。

※車種によって配置が異なる
場合があります。
詳しくは取扱説明書の
「サービスデータ」をご覧ください。

液量と色をチェック

イメージ

使うのはボロ布やキッチンペーパー。
オイルレベルゲージを引き出して、一度
きれいに拭いてから、 もう一度いっぱいまで
差し込み、抜いて量と色をチェックします。

LとHの間にきれいなオイルが付いていれば
OKです。

日産のお店なら

車種や運転する環境によって、
適正なエンジンオイルは変わります。
日産のお店では、プロが愛車に最適なオイルを
ご提案します。

オイル交換はエンジンのメンテナンスに加え、
燃費改善にもつながります。
2回に1回はあわせてオイルフィルターの
交換もして、さらに燃費回復を!

イメージ

定期点検にオイルやオイルフィルター交換をプラスしたお得なパック

おすすめ

メンテプロパック

イメージ

メンテプロパックは6か月ごとの定期点検をお得な
料金でパックにした安心サポートプランです。プロの
チェックが定期的に受けられて安心です。

※本商品の取り扱い及び価格につきましては、
販売会社で独自に決めております。
詳しくは、各販売会社のカーライフアドバイザーに
お問い合わせください。

詳細はこちら

近年の新型車に多く使用されている省燃費オイル

搭載しているエンジンのタイプによって、適合するエンジンオイルは決まっています。
エンジン本来の性能を発揮するオイルを選びましょう。

おすすめ

日産純正 SNストロングセーブ・X 0W-20

イメージ

近年の新型車の多くに使用されている
省燃費オイルです。

  • ■低粘度オイルで燃費回復!
  • ■0W-20は低粘度の“さらさらオイル”

※0W-20オイルは指定車専用オイルです。
「低排出ガス車」「燃費基準達成車」は
低粘度オイル指定車の可能性が高いのでご確認ください。

※写真はSMグレード

詳細はこちら

オイルの紹介はこちら

ページのトップへ戻る

  • ※電気自動車はエンジンがないため、エンジンオイル・オイルフィルターの交換はありません。
  • ※詳しくは各販売会社のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。