サーキット写真

ツインリンクもてぎ

2021年 7月17日(土) ~ 18(日)

参加者

  • 桑野 駿日産プリンス栃木販売株式会社
  • 村田 悠輔埼玉日産自動車株式会社
  • 桑原 陽生日産プリンス埼玉販売株式会社
  • 安本 翔日産東京販売株式会社
  • 吉岡 都哉神奈川日産自動車株式会社
  • 渋谷 航来日産プリンス神奈川販売株式会社
レース写真レース写真

予選

天気:晴れ 気温:33度 路面状況:ドライ

梅雨が明けた7月17日。新型コロナウイルスの影響で延期された第3戦に先立ち、第4戦が栃木県のツインリンクもてぎで開催された。
今レースでは、6名のテクニカルスタッフが参戦。レース1週間前からKONDO RACING TEAMに合流して準備を進めてきた。
今シリーズのポイントランキングで1位につけている56号車は、72kgのサクセスウェイトを搭載しての第4戦となったが、7月初旬に参加した現地での事前テストを活かした良いカーバランスで予選を迎えることができた。
Q1はオリベイラ選手がアタック。グループ内2番手となる1’48,366の好タイムを記録し、Q2への進出を決めた。続くQ2では藤波選手が渾身のアタックを決め、3番手でゴール。
Q1、Q2を通じてサクセスウェイトに負けない力強い走りを見せ、決勝レースは好位置からのスタートとなった。

レース写真レース写真

決勝

天気:晴れ 気温32度 路面状況:ドライ

7月18日、決勝が開催された。2列目3番手という好位置からのスタートとなった56号車は序盤から上位を走るライバルたちと激しい争いを繰り広げる。
56号車は重いクルマながらもポジションをキープ。25周目でピットインを行なった。メカニック勢による迅速な作業で給油・タイヤ交換をスムーズに終え、藤波選手からオリベイラ選手にドライバーを交代して56号車はコースに戻った。
しかしコース復帰後、アウトラップのヘアピンコーナーでアウトサイドの走行ラインを走っていた車両と接触。左側前後の足回りにダメージを負い、緊急ピットインとなる。
このレーシングアクシデントは上位争いを展開していた56号車にとっては致命的だったが、メカニック勢による素早いパーツ交換、修復により、短時間で再びコースに復帰。この瞬間を固唾をのんで見守っていた日産メカニックチャレンジプロジェクト総勢400名以上の大応援団からは拍手と歓声が上がった。
日産メカニックチャレンジプロジェクトのねらいの一つである「諦めずに全力でチャレンジする」大切さを、プロジェクトメンバーが実感する大切な場面となった。
コース復帰後の56号車は安定した走行で着実に周回を重ね、26番目でチェッカーを受け、ポイントランキングは3位となった。

米林エンジニアのコメント

米林エンジニアのコメント

今回のレースは72kgのサクセスウェイトで重いクルマでしたが、事前テストの効果もあってとてもバランス良いクルマに仕上げられました。
車両の接触で足回りダメージを受け、緊急ピットインというレーシングアクシデントに見舞われた中でも諦めず頑張ってくれたドライバー二人のためにも、次戦鈴鹿戦で頑張りたいと思います。
鈴鹿はとてもタイヤに負荷のかかるサーキットで、決勝レース、ポイント獲得を考えると予選が非常に大切になります。
チームとしてもしっかりと準備をして鈴鹿に向かいたいと思います。

藤波選手のコメント

藤波選手のコメント

予選、決勝を通してとてもバランスの良いクルマで戦えたので、この流れで鈴鹿でも良い走りをしたいと思います。
チームとしてはシリーズ戦をしっかり見据えて、着実にポイントを重ねていきたいと思いますので僕もオリベイラ選手と一緒に頑張ります。
そしていつも日産メカニックチャレンジで一緒に戦ってくれる日産販売会社メカニックの皆さんと日産自動車大学校の学生さん達はとても心強く、完全にチームの一員という気持ちですね。
引き続き応援よろしくお願いします!

整備士インタビュー

  • 桑野 駿

    桑野 駿

    日産プリンス栃木販売株式会社

  • 村田 悠輔

    村田 悠輔

    埼玉日産自動車株式会社

  • 桑原 陽生

    桑原 陽生

    日産プリンス埼玉販売株式会社

  • 安本 翔

    安本 翔

    日産東京販売株式会社

  • 吉岡 都哉

    吉岡 都哉

    神奈川日産自動車株式会社

  • 渋谷 航来

    渋谷 航来

    日産プリンス神奈川販売株式会社