日産自動車ホームページ
インターンシップ
エントリー
インターンシップ
エントリー

日産部品販売会社グループ 採用サイト

大西 亜依(2010年入社) 店頭パーツアドバイザー 大西 亜依(2010年入社) 店頭パーツアドバイザー

日々の仕事の中で心がけていることを教えてください。

幅広い商品知識を持ち、みんなの要望にオールマイティに応えられることを目指して、日々仕事をしています。お客さまからの電話応対はもちろんですが、訪問パーツアドバイザーらの急ぎの問い合わせなどもよくあるので「確実に、迅速に」対応するように心がけるほか、大切なことは“覚えたつもり”にならないように書き留めて間違いのないようにしています。メモを取って確認することで、仕事の流れを把握できるようになり、先を読む力もついてきたように思います。

どのようなときに仕事のやりがいを感じますか?

営業職と比べて、仕事の成果や結果を具体的に実感しづらいかもしれませんが、電話での応対時にお客さまからの指名を受けたりすると「認めてもらえたんだ」と仕事が楽しくなります。お客さまのお顔を知り、ニーズを把握するために、訪問パーツアドバイザーに同行してお客さまを訪問することもありますし、キャンペーンのときなどによく知った方を見かけたらお声がけするようにしています。お客さまに打ち解けていただけるとやる気が出ます。

自分で「成長したな」と感じるのは
どんなときですか?

とても専門性の高い仕事なので、覚えなければいけないことが多く、新人のうちは自分のことで手一杯でした。今でも間違いのないように対応するのに懸命であることに変わりはないのですが、その中で「みんなをサポートしなければ」という気持ちが年々強くなっていると思います。一人の力でできることは限られますが、チームで一丸となればできることは増えていきます。中堅社員になったので、自分だけでなくほかの人の仕事も楽にしてあげることができるように、できることはしてあげたいと思えるようになりました。

会社のバックアップや仲間からの
サポートはありますか?

店頭パーツアドバイザーとしてのスキルを上げるために、全国の日産部品販売会社の代表が集まる全国販売技術大会に出場し、3位になれたことは、仕事への自信につながりました。店舗の同僚や上司だけでなく、支援部の方々の協力をいただいて準備をしっかりすることができたからこそ好成績を上げることができたので、この経験を実務に活かすことで恩返しをしたいと思っています。

未来の店頭パーツアドバイザーに向けて
メッセージをお願いします。

入社した当初は店頭パーツアドバイザーも男性が多かったのですが、今は女性も多くなっています。クルマの業界は男性主導のイメージがあるかもしれませんが、女性もいきいきと働ける職場だと感じています。またお客さまや、仕事をサポートした同僚などから「おかげで助かった、ありがとう」と言われると、本当にうれしいです。人に支えられ、また自分も誰かを支えることができる、とても良い仕事だと感じています。

社員紹介のトップページに戻る

BACK TO TOP