NISSAN SHIFT_the future 閉じる
リコール関連情報
2004/06/03 ブルーバードシルフィのリコールについて
届出表 改善箇所の図
リコール届出番号 1093 リコール開始日 2004年06月04日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 原動機制御コンピュータのプログラムが不適切なため、空燃比の補助制御をしているリヤ酸素センサが破損した場合であっても、警告灯が点灯しません。また、イグニッションコイルにおいて発生する点火ノイズの影響により、リヤ酸素センサの素子が破損する場合があり、その場合にも警告灯が点灯せず、そのまま使用を続けると、空燃比補助制御が正確に出来なくなり、排出ガスが基準を満足しないおそれがあります。
改善の内容 全車両、当該プログラムを変更します。さらに、当該イグニッションコイル内のスプリングに抵抗がついていない車両については、抵抗付きスプリングに交換するとともに、当該酸素センサを新品と交換します。

・リコール対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれておりますので、詳細につきましては
 お買い求めの販売会社までお問い合わせ下さい。
・リコール対象車の製作期間は、ご購入の時期とは一致しておりません。
・車台番号は、車検証に印刷されております。

型式 通称名 リコール対象車の
含まれる車台番号の範囲
リコール対象車の
製作期間
リコール対象車の
台数
備考
UA-QG10 ブルーバード
シルフィ
QG10-000001
〜QG10-169043
平成12年7月20日
〜平成15年12月12日
73,556台
(計1型式) (計1車種) (製作期間全体の範囲)
平成12年7月20日〜平成15年12月12日
合計 73,556台
閉じる
NISSAN