インテリジェントキーが正常に作動しないとき



インテリジェントキーの電池が切れたときや、使用環境によりインテリジェントキーと車両の通信が正常に行われないときには、次の手順でエンジンを始動してください。

  1. セレクトレバーを P に入れます。

  2. ブレーキペダルを踏み込みます。

  3. インテリジェントキーをエンジンスイッチに接触させます。(ブザーが鳴ります。)

  4. ブザーが鳴ってから10秒以内に、ブレーキペダルを踏み込みながらエンジンスイッチを押します。エンジンが始動します。

手順3を行なった後、ブレーキペダルを踏まずにエンジンスイッチを押すと、エンジンスイッチはACCに切り替わります。

  • 前述の手順で電源ポジションをACCまたはONにするか、エンジンを始動すると、インテリジェントキーが車内にあってもKEY警告灯が黄色で点滅しますが異常ではありません。警告灯の点滅を止めるには、再びインテリジェントキーをエンジンスイッチに接触させます。

  • ドアの施錠・解錠は、メカニカルキーを使って行ってください。

  • メーター内のKEY警告灯が緑色で点滅しているときは、できるだけ早く電池を交換してください。 キーの電池交換

  • 上記の操作で始動できない場合は、早めに日産販売会社へ連絡してください。