スペシャルコンテンツ
カーネル Vol.19 2014年早春 12月10日発売号
NV350CARAVAN
  • トップページ
  • このクルマの魅力
  • エクステリア
  • インテリア
  • グレード・価格
  • 機能・積載・快適性
  • ナビ・オーディオ・ETC
  • 走行性能
  • 環境・安全・品質
  • スペック
  • オプションパーツ
  • 特別仕様車
  • AUTECH
  • LV(福祉車両)
  • 特装車
  • マイクロバス
過去に閲覧したページの履歴

LOVE OUTDOOR SPORTS with NV350 キャラバン

トランスポーターでゲレンデ車中泊&雪原トレッキング!!

雪ネイチャースキー編 大橋(左)、森安(右)

アウトドア大好きお父さん、大橋が、日産/NV350キャラバン・トランスポーターで車中泊を楽しんでいくストーリーの第5弾。今度は雪山のゲレンデ車中泊に挑戦! 友人の森安と一緒に雪原のネイチャースキーを楽しんできた。

オオハシ。地球丸『トランピン』編集担当。様々な外遊びの基地にすべく、NV350キャラバンをゲット。
アウトドアライターのモリヤス。だが、四国出身だけあって雪関係にはめっぽう弱い。オオハシと同い年の40歳

冬の車中泊は寒さ対策が重要!

目的地に到着!

木々の間を走り、滑り、進むネイチャースキー。気分だけは荻原兄弟なのだ!滑ったり転んだりを繰り返し(といっても、短かったりなだらかな坂程度だったりで、ほぼ危険ではない)、折り返しの目印となる木に到着。このへんから天候が怪しい感じにシフトして……

冬の車中泊は寒さ対策が重要!

NV350キャラバン・トランスポーター
ベース車
(プレミアムGXロングボディ標準ルーフ ガソリン 2WD)

■主要諸元
●全長×全幅×全高:4,695×1,695×1,990mm
●車両重量:1,840kg
●ホイールベース:2,555mm
●最小回転半径:5.2m
●エンジン:1,998cc水冷直列4気筒DOHC
●価格:2,946,240円(税込み)から

海や釣り、オートキャンプに活躍。今度は雪山へGO!

海や釣り、オートキャンプに活躍。今度は雪山へGO!
オオハシのアウトドアライフに欠かせないのが、このキャラバンNV350トランスポーター。今回、天気がよければ裏磐梯スキー場のゲレンデを登った先にある幻の氷の滝「イエローフォール」を目指す予定だった。

冬の車中泊は寒さ対策が重要!

マットは厚みのあるタイプに

マットは厚みのあるタイプに
体の下側から攻めてくる冷気をカットするのは超大事。キャラバンのベッドキットの断熱性に加えて、厚めの保温性の高いマットを下に敷くと快適なのだ。

ゴアテックスのシュラフカバーで結露対策

ゴアテックスのシュラフカバーで結露対策
雪の車中泊での寒さ対策として大事なことのひとつが結露対策。特にダウン寝袋は結露などで濡れると保温力が低下する。ゴアテックスなどの防水透湿シュラフカバーを装着すれば、それを軽減できる。

大橋のワンポイントCHECK!

私、『カーネル』の姉妹誌であるアウトドア雑誌『トランピン』編集部所属の日産/NV350キャラバン・トランスポーター乗り、オオハシと申します。福島県の裏磐梯に、友人のライター、モリヤスを誘って、スキーにやってきました。私、こう見えてスキーにはちょっと自信アリですが、モリヤスは初心者。でも、今回、チャレンジするネイチャースキーならモリヤスでも十分、楽しめるだろう、と連れてきたのです。で、私がスキーを教える代わりに、釣りに詳しいモリヤスに氷の張った湖でのワカサギの穴釣りを教えてもらうプランなんですけどね。

ところでネイチャースキーとは、スキー場のゲレンデを滑り降りるのではなく、スキー板を履いたトレッキングとでもいいますか、アップダウンの少ない森のなかを滑り、雪上に残る動物の足跡を追ったりしながら冬の自然を満喫するという、最近大注目の遊びなんです。スキーが苦手ならスノーシューを履いて歩いても楽しいんですよ。でも……。

「なあ。これ、めっちゃ降ってない?すごい勢いで積もってるぞ?なあ?」

と、モリヤス。初心者ですが、身の危険くらいはわかるようで……。そうなんです。スタート直後は、雪上に残るウサギの足跡もはっきり見えていたりと十分に雪の森を堪能できたのですが、軽くひとまわりした帰りには新雪が降り積もり、すべてを覆い隠してしまったのです。視界は真っ白。スキー板だってズブズブと沈んでしまう状態。前を進む私がラッセルで道を切り開いているところです。まあ、雪予報が出ていたこともあり、コースは駐車スペースにほど近い森の入り口だけにとどめておいたので、すぐにエスケープできました。だれでも簡単にできる遊びですが、ゲレンデスキーと違って「天気読み」だけは重要なのです。皆さんも、くれぐれもお気をつけください。

で、われわれはキャラバンのリアハッチを開けて、その下に板、靴などの濡れモノを放り込み、自分たちのウエアの雪をタワシで払って車内へ。「ふぅ、落ち着いたぁ。まだ昼過ぎだけ ど、これじゃあ今日は無理だよな。まず温泉にでもつかって、ゆっくりしよう」

というモリヤスでしたが、慣れないネイチャースキーに疲れてしまったのか、横になるとすぐにいびきをかいて寝てしまいました。おいおい、温泉はどうするんだよー。

撮影/三宅 岳 文/大橋保之、森安正樹
撮影・取材協力/裏磐梯スキー場、エイアンドエフ、キャラバン、休暇村 裏磐梯、コールマン、ノースビレッジ

この記事は(株)地球丸の雑誌カーネル
Vo1.19 2014年早春 12月10日
発売号に掲載された内容を転載したものです

関連情報

Biz NISSAN 商用車・社用車をお探しのお客さまへ。お仕事のニーズにあったクルマ選びをサポート。
NV350キャラバンLV(ライフケアビークル)シリーズ
カーネル Vol.18 2013年秋 9月10日発売号
next
  • current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page

NV350キャラバン Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

先進安全装備

機能・積載・快適性

ナビ・オーディオ・ETC

走行性能

環境・品質

スペック

オプションパーツ

マイクロバス

特装車/トランスポーター

AUTECH

LV(福祉車両)

(過去に閲覧したページ)