my favorite SKYLINE
外観写真
プリンススカイライン
first
1957年──東京・日比谷の宝塚劇場では、一風変わった新型車の発表会が
催された。
全10景のショーを楽しみ、新型車のためのオリジナル・ソングまで耳にした来場者は、
その場で『スカイライン』という車名を記憶することとなった。
クラス最高出力60馬力の直列4気筒エンジンを搭載するこの新型車は、
125km/hの最高速度を誇るとともに、足回りもスポーツカーなどに採用されていた
「ド・ディオン・アクスル」を標準装備する最先端のクルマだった。
スポーツカーとセダンは住む世界が違うと誰もが思っていた時代に、
スポーツカーの「運転する喜び」を享受できるセダンは、人々の憧れの存在となった。

1960年11月にはミケロッティ・デザインの『スカイライン・スポーツ』を
トリノ・ショーで発表し、53名の幸運なオーナーの手へと渡っていった。







NEWS of AGE
上の画像をクリックすると
拡大画像をご覧になれます。