日産ミュージアム
時代の先端を象徴したマーチのパイクカー
Be-1(BK1型) 1987.1 Be-1(BK1型)インパネ
限定10,000台
大量生産を前提とせず、遊び心ある「とんがった」クルマづくりをしたのが「パイクカー」です。この企画からは、初代マーチをベースとした人気車が3台生まれました。その第1弾・Be-1は、ノンターボ仕様車に特殊な樹脂のボディを採用して、「気に入ったジャケットをさりげなく着こなすように肩の力を抜いて気軽に付き合えるナチュラル感覚溢れるクルマ」として1985年の東京モーターショーで発表しました。レトロな雑貨のようであり、スポーティな感覚もあるという、ファッション的に現在も色褪せない存在感があると注目を浴びました。1987年の発売時は黄、青、白、赤のラインナップで限定10,000台という設定でしたが、2ヶ月で予約完了という好評ぶりで、月産400台の予定でしたが、月産600台にペースアップすることになりました。
 また青山にはBe-1ショップを出店しました。Tシャツ、パーカー、バッグ、時計、財布などのグッズを販売したことでも話題となりました。
PAO(PK1型) 1989.1 PAO(PK1型)インパネ
1987年の東京モーターショーで発表し、1989年に発売しました。1リッターのノンターボ仕様をベースに、冒険心をくすぐる個性的な外観と内観でレトロとアドベンチャーのミクスチャー感覚をもたせました。3カ月間限定の受注生産とする計画でしたが、Be-1の受注を上回る51,657台の申し込みがあり増産の体制となりましたが、納期は最長で1年半という好評ぶりでした。
FIGARO(FK1型) 1991.2 FIGARO(FK1型)インパネ
限定20,000台
車名はモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」に登場する主人公の名をとって命名しました。「満足の新しいかたち」を目指して、クルマという枠にとらわれないデザインを心がけました。電動オープントップや本革シートを採用しています。発売当時は、恋愛オムニバス映画『フィガロストーリー』を全国主要都市で上映し、話題となりました。