NISSAN MUSEUM
”モノコックボディ”の410型デビュー
EIGHTH BLUEBIRD 4DOOR HARDTOP SSS ATTESA U12型 1987.9
インパネ
主要諸元
COMMENT HISTORY
1987年9月にはFF第2世代の8代目・U12型にバトンタッチ。先代のエンジンを細部に渡って煮詰め、丸みを帯びたスタイルにしました。ラインナップは大きく分けて、スポーツ志向のSSSとファミリー向けのサルーンという2系統があります。エンジンは1600cc、1800cc、2000ccの3機種です。
またSSSにはフルタイム4WDの「アテーサ」も新たに設定しました。先進の4輪駆動力最適制御システム“ATTESA(アテーサ)”に4WAS(4輪アンチスキッドブレーキシステム)と、STC-Sus(スーパートーコントロールリアサスペンション)を組み合わせることで、パワフルながら安定感ある走りを実現しています。これをもとにラリー仕様車「SSS-R」も発売しました。
1987.9 8代目ブルーバード(U12)4ドアセダン、4ドアハードトップ発売。アテーサ追加。ワゴンとマキシマはU11型を継続
1988.2 4ドアセダン「XEサルーンF」追加
1988.5 4ドアハードトップ「1800SSS-X・II」追加
1988.6 4ドアハードトップ「1800XEサルーンL」追加
1989.10 マイナーチェンジ
1990.5 4ドアセダン「2000スーパーセレクト」追加
1991.1 4ドアセダン「1800FEサルーンSV」「2000ディーゼルFEサルーンSV」/4ドアハードトップ「2000SSS-SV」「1800FEサルーンSV」追加