NISSAN MUSEUM
FOURTH BLUEBIRD 1800 SSS-E 610型 1971.8
インパネ
主要諸元
COMMENT HISTORY
サイドウインドウのJラインが印象的な「ブルーバードU」が、4代目にあたる610型です。発売は1971年8月、510型より大きく、ゆったりしたフォルムとしました。ラインナップとしてはクーペモデルを廃して、新たに2ドアハードトップを設定しています。
この610型はスポーツ志向の510型と併売され、位置づけとしてはファミリー向けのクルマでした。車名のUはUSERを指したもので、「ブルU」として浸透していきました。エンジンは当初、1600ccと1800ccの2本立てで、1800ccにはシングルキャブ仕様、SUツインキャブ仕様、そして電子制御燃料噴射装置(ニッサンE.G.I.)仕様を用意しました。さらに、1973年にはスカイライン2000GTと同じ直列6気筒エンジンを搭載した「2000GT」も加えています。これは「ブルG」の愛称で人気を得ました。
また1972年には、史上最高の国内販売台数を記録しています。
1971.8 4代目となるブルーバードU(610)発売。4ドアセダン、2ドアハードトップ、5ドアワゴンのラインナップ
1972.5 1800SSSに5MT追加
1972.8 マイナーチェンジ
1973.8 マイナーチェンジ「2000GT」追加
1975.9 2000EGI、50年排出ガス規制適合
1976.2 2000EGI、51排出ガス規制適合
1976.3 1600/1800EGI、51排出ガス規制適合