T/S 岡崎 優

毎日新しい技術との出会いがある
整備士としての成長を実感

メーカーや車種によってクルマの構造はさまざまですが、日産には普通車、軽自動車、スポーツカー、電気自動車など、フルラインアップが揃っているので、T/S(テクニカルスタッフ)として実際にクルマに触れる中で幅広い知識を得ることができます。自動車整備を志す者にとって、まさにやりがいある環境です。クルマはお客さまの大切な財産なので、点検や整備をする際には傷つけたり汚したりしないよう細心の注意が必要です。電気自動車の場合はエンジンにあたる部分がモーターでミッションがないなど、ガソリン車とは構造がかなり違います。さらに、非常に高い電圧を使っているので、作業時に事故を起こさないためにも気を付けて作業しなければなりません。電気自動車に限らず新しい機能が次々と出てくるので、絶えず学び続けなければならない大変さはありますが、一つひとつの技術を自分のものにしていく楽しさは格別です。

店舗スタッフが連携して、
チームで問題をお客さまの期待に応える

入社以来経験を積んで、今では店内でも中堅の立場になりました。日産を志望した理由は、会社見学の際、説明の面白さなどから全体的な雰囲気の良さを感じ、この会社で働きたいと思ったからです。入社後もその期待は裏切られませんでしたし、チームワークの良さを感じます。T/A(テクニカルアドバイザー)やC/A(カーライフアドバイザー)との連携は、まさにチームプレーの表れです。お客さまが来店されたら、インカムを活用して皆で声を掛け合います。そして、お客さまが名乗られる前にお名前で呼べるようT/Aと準備し、担当C/Aがお迎えに出て、私たちT/Sもすぐに仕事に取り掛かれるよう連携を図っています。

この連携によって作業内容を事前に把握できますし、お客さまのご期待に対して先回りして行動することを皆心掛けて動くからこそ、ご満足いただけるおもてなしを提供できるのだと思います。クルマに何らかの問題が起きて来店された際はとてもお困りになっていたのに、私たちの手で直したお車を見て安心し、ご満足して帰られる様子は、いつ見ても嬉しく記憶に残るものです。

問題を解決してお客さまにご満足
いただくために技術を磨き続ける

ときには容易に解決できない問題に直面する場合もあります。例えば、お客さまが乗っているときは症状が出るのに、お預かりすると症状が確認できないケース。そういった場合には、お客さまに詳細を確認して症状が出るまで試乗を重ね、原因究明を図っていく作業になるので大変です。しかし、苦労を重ねて解決した際は嬉しさも格別です。
私の目標は、一人ですべての車種の問題を解決できる整備士になることです。多くのラインアップを持つ日産では、常に新しい発見があり学べることが尽きません。特にクルマ好きの憧れであるGT-Rの整備を手掛けるには、「NISSAN GT-R認定テクニカルスタッフ」という社内資格が必要になります。まずは日産の1級資格と自動車整備士国家試験1級の取得を目指して、一歩一歩階段を上るように技術を高めていきたいと思っています。
この会社は先輩の面倒見がよく、しっかりと教えてくれますし、日産本社で開催している勉強会にも参加できるので、入社してからいろいろな知識を覚えていける環境です。楽しい職場であり、やりがいを感じることも多い仕事なので、ぜひ一緒に仕事をしましょう。

ページトップへ戻る