T/S 大門 智広

クルマの修理だけでなく、
安心や快適まで提供する

T/S(テクニカルスタッフ)の使命は、点検や整備を通じてお客さまのクルマの不具合を解決するだけでなく、安全かつ快適にカーライフを過ごしていただくことにあります。クルマに関する知識をきちんと持っていることはもちろん、クルマに詳しくないお客さまに対しても、クルマの状況を分かりやすくお伝えする力が大切です。
入社したばかりの頃は、クルマを修理することだけで頭が一杯になってしまっていましたが、今は自分の仕事を通じて、お客さまがどう感じるか、どう喜んでいただけるか、と考えるようになりました。以前、故障ではないものの、ドアから異音がするというご相談を受けました。そこで、自らクルマに乗り込んで確認し、音の種類から発生原因を突き止めて解決すると、お客さまはとても喜んでくれました。「ありがとう」の言葉を直接いただけるのもこの仕事の良いところです。

次々と誕生する
革新的な技術を学び続ける

クルマは大きな鉄の塊であり、メンテナンスをあやまると人の命に関わる恐れもあります。ひとつのネジの閉め忘れさえ許されない、それが「クルマのドクター」であるT/Sとしての責任の重さです。自分の仕事は、お客さまの命を預かっているのだという意識は絶対に忘れてはいけません。

特に日産のクルマに関していうと、「技術の日産」といわれることもあり、革新的な技術が次々と登場しています。エンジンで発電してモーターで走る「e-POWER」や、セレナの自動運転技術など、私が入社して数年の間だけでも技術は進歩を続けています。クルマを点検・整備する身として、常に勉強を続ける必要があることは大変ではありますが、その一方で、新しい技術に触れられることはT/Sとして働く醍醐味のひとつでもあります。

経験豊かなスタッフから
学べるチャンスも豊富にある

私は子どもの頃からクルマが好きで、GT-Rに憧れていました。T/Sを志望する最初の動機は、「クルマが好き」だけでも構いません。私自身、学校で点検や整備の基礎を学んだとはいえ、実際にT/Sとして働くことで得た経験は、より重要だったと感じています。特に私の働いている店舗は、「NISSAN GT-R認定テクニカルスタッフ」が在籍している「ハイパフォーマンスセンター」の店舗であるため、知識や経験豊かな先輩たちから教えてもらえるチャンスは豊富にあります。
以前、全国の販売会社間で知識や技術を競い合う「日産サービス技術大会」に出場させてもらったときには、店舗の仕事を抜けることもありましたが、先輩たちは嫌な顔ひとつせずに送り出してくれ、私は近畿地方で3位、全国で4位という成績を残すことができました。これからも技術を高めて周囲の期待に応え、お客さまから信頼されるT/Sになりたいです。

ページトップへ戻る