C/A 岡本 琴美

家族代々日産のファン
苦手な運転がいつしか趣味に

私の家は代々日産のファンで、祖父の代から販売会社の方が自宅によく来ていました。身近な知り合いのように感じていたその方を、幼い頃から「カッコイイ」と思っていました。だからこそ、大学3年生になって就職先を考え始めたとき、真っ先に日産に入りたいと思いました。そしてその思いは、面接で人事の方とお話をしていく中でますます高まっていったのです。

実は、特にクルマが好きだったわけではありません。運転もどちらかというと苦手だったのですが、仕事をしていくうちに自然と休日はクルマで出掛けるようになり、趣味になっていきました。ドライブをしながら好きな音楽を聴き、友達とおしゃべりしているととてもリラックスできます。また、ドライブ中に実感したクルマの使い勝手や乗り心地が、お客さまとのコミュニケーションのきっかけにもなります。

クルマにはいろいろな魅力があり、たくさんの価値を私たちにもたらしてくれます。今はクルマに興味を持っていない人でも、知っていくうちにきっと好きになると思います。

お客さまと喜びを分かち合える
ことが私の原動力

私は、先輩たちに比べるとクルマの専門知識がまだまだ少ないため、そのぶん誠意をもってお客さまに接することを大切にしています。当り前のことかもしれませんが、人一倍は意識していると思います。会社としても「おもてなし」をキーワードとして掲げており、私の思いと通じるところが多いと感じています。この先何年経っても、この気持ちは忘れずに持ち続けていきたいです。

その思いが伝わるのか、「頑張っているからつい応援したくなる」とお客さまに言っていただくことが少なくありません。以前、「優秀女性C/A(カーライフアドバイザー)賞」をいただいたときも、お客さまが自分のことのように喜んでくださいました。受賞できただけでなく、お客さまやスタッフと喜びを分ち合えたことが何よりも嬉しかったです。この受賞は大きな励みとなり、「もう一度受賞したい」という新しい目標ができました。

売って終わりではない
お客さまとの関係は続く

入社以来がむしゃらにやってきて、販売実績も徐々に増えてきました。今の楽しみでありやりがいのひとつとなっているのは、お客さまに2台目の日産車をお届けすることです。一度お買い上げいただいたお客さまとお付き合いを続けていると、ご子息が乗られている他メーカーのクルマを日産車に買い替えていただくことがあります。そんなとき「売って終わりではなく、買っていただいてからが始まり」という私のモットーが花開いた気がして、言い尽せない喜びがあります。
世界的ブランドである日産車は、地球上のあらゆる場所で走っています。その中に、自分が販売したクルマがある。もともとクルマの知識も興味も大して持っていなかった私が、今こうやって日産車の普及の一端を担えていることに誇りを感じます。そして、ここまで成長できたのは、未熟な私の質問にも丁寧に答えてくれる先輩や上司がいたからこそだと思っています。面倒見のよい人たちが多く、成長していける環境が魅力だと思います。

ページトップへ戻る