C/A 大島 悟

何度も対話し、本当に求められる
クルマを提案する

C/A(カーライフアドバイザー)の仕事は、まずお客さまと対話するところから始まります。お客さまのお話をよく聴かないことには、本当に求めていることを理解することはできませんし、ご期待に応えることはできません。あるワンボックスカーにお乗りになられているお客さまが、買い替えを検討されており、半年ほどいろいろなメーカーと見比べながら悩まれていました。その間、私はイベントのご案内をしながら、何度も対話を重ねる中で、使用シーンなど、さまざまな角度から詳しくお話しをお聴きしました。すると、普段はご家族お二人でのご利用が中心であることがわかり、それであれば軽自動車でも十分ですし、手ごろな価格帯で機能も充実しますとご提案しました。そのような対話を重ねることで、お客さまにご満足いただき、最終的に日産車をお選びいただくことができました。

学生時代に野球をしていた頃から、「結果が出るまで諦めない」のが私のスタイル。粘り強くお客さまと接し、信頼を築きながら本当に求められるクルマの提案を大切にしています。

心強いサービススタッフと共に、
最適なカーライフを提供

店舗には整備や修理の受付と説明を行うT/A(テクニカルアドバイザー)や、整備を行うT/S(テクニカルスタッフ)と呼ばれるサービススタッフがいます。私には機械修理の専門知識はないため、整備や点検の際には協力しながら仕事を進めることになります。専門的な知識をもってお客さまに分かりやすく説明してくれるのは大変心強く、ときにはお客さまに対して「修理にはこれだけの金額がかかるので、買い替えた方がお得ですよ」と、プロフェッショナルの視点から提案も行ってくれます。

事故が起こってご連絡をいただいた際、私が席を外していると、工場長がレッカーの手配や保険会社の手配をしてくれます。店舗スタッフ一人ひとりがお客さまに対してできることを考え、ときには自身の仕事範囲を越えて行動しているのです。お客さまに最適なカーライフを送っていただくためには、チームワークを活かしてサポートしていくことが必要だと思います。

目の前のお客さま一人ひとりの
期待に応え続ける

私は、お客さまに信頼され、長いお付き合いができるC/Aでありたいと考えています。お客さまの状況は一人ひとり違いますし、当然思っていることも違います。女性やご高齢の方であれば、最新の技術であるエマージェンシーブレーキやインテリジェントパーキングアシストなどを説明する際には、分かりやすい言葉で丁寧に説明するようにしています。また、車両価格や維持費を低く抑えたい方にも、何とか求めるクルマを提供できるよう知恵を絞ります。私は、お客さまが困ったときに最も近い存在でいたいと思っています。お客さまを第一に考え、決して諦めずに明るく接することが、C/Aとして成功するために必要な姿勢だと思います。
こうした点を心掛けているうちに、新人賞を受賞することもできました。これからも、お客さまの期待に応え続け、上を目指していきたいと考えています。

ページトップへ戻る