C/A 山口 武志

お買い上げいただいたときの
感動が大きいクルマの営業職

私は、人と豊かな関わりを持てる仕事に就きたいという思いがあり、営業職を希望していました。高額なお買い物になるクルマは、人生の中でそう頻繁に買い換えられるものではありませんから、お客さまは悩み、慎重に選ぼうとします。だからこそ営業のアドバイスが必要になり、お力になれる余地が大きいのではないかと考えたこと。また、お買い上げいただいた際に出会えるお客さまの感動も大きいのではないかと思い、C/A(カーライフアドバイザー)の道を選んだのです。

数ある自動車販売会社の中でも日産というブランドを選んだのは、学生時代に親がクルマを買ってくれることになり、その際日産のC/Aに親切にしてもらった経験が大きいです。彼は何も分からない私の質問に丁寧に答えてくれて、提案してくれる商品のラインアップも豊富で魅力的でした。

顧客の立場から見たときに、日産の「人」と「商品」に強い信頼感があったのです。そして、日産の一員となった今、今度は自分がその一端を担うべく日々奮闘しています。

高価なお買い物だからこそ
営業の価値が発揮される

C/Aのミッションは、お客さまにクルマを販売することだけではありません。むしろ日常的なアフターフォローの中に、C/Aの価値があると考えています。整備・点検・車検、修理、保険の更新など、安心かつ楽しいカーライフを送れるように継続的にフォローしていくこと。その積み重ねが、次なる新車購入やお客さまのお知り合いをご紹介いただくことにつながっていくのです。

社歴も10年以上になり、今では800名近くのお客さまを担当しています。お客さまが多いのでとても多忙な日もありますが、どんなに忙しくともひとり一人のお客さまに対して誠実で丁寧な対応を心がけ、営業としての基本的な姿勢だけは忘れないようにしています。クルマは高価なものですから、購入する際は不安も多いものです。その不安を取り除いて差し上げることも、私たちC/Aの役割です。そのためには、まず私という人間を信用していただけるようなサービスを提供しなければならないと考えています。

目標を定め、意思を持って
すべての仕事に取り組む

入社10年目に、年間100台以上の販売を実現したC/Aに与えられる「金賞」を獲得することができました。この成果はお客さまのおかげであり、仲間の支えがあってこそのもの。私自身も、新人の頃からすべての仕事を軽んじることなく積み重ねてきました。
この受賞は、目標を持つことの大切さを実感させてくれた出来事でもありました。私は、ずっとこの「金賞」の獲得を目標として掲げてきたのですが、意思を持って仕事に取り組んできたからこそ受賞できたのだと確信しています。これは賞に限ったことではなく、仕事全般に言えることです。目標が漠然としていると何をすべきかが分かりませんし、成果の検証もできません。明確な目標を持ち、良いスタッフに支えられて仕事ができる。それが仕事をする上で理想の姿だと思います。今後は、より高い視点から理想の職場づくりに取り組み、店舗経営に貢献していくことが目標です。

ページトップへ戻る