C/A 大谷奈央

クルマの購入という、
ビッグイベントをサポートする

もともとクルマが好きだったことと、デスクワークよりも直接人と関わる仕事がしたいという思いから、クルマを販売する仕事に興味を持ちました。また、日産販売会社は女性が活躍できる環境だと聞いていたことも入社の決め手になりました。私はクルマが好きだったとはいえ、入社したばかりの頃はほとんど知識がありませんでしたから、お客さまとの対応で慌てふためいてしまったこともあります。ですが、一生懸命に新車のご提案をして、初めてクルマをご購入いただけたときには、お客さまのカーライフに関わる仕事の醍醐味を感じられた気がしました。
クルマのご購入は、お客さまの人生にとって大きなイベントのひとつです。C/A(カーライフアドバイザー)としてお客さまと一緒にプランを考え、ご購入いただけたときの喜びは他に代えがたいものがあります。

クルマを売ることは、
お客さまから信頼されること

私はC/Aの仕事を通じて、人と接する仕事の奥深さを知ることができました。クルマをご提案する際に大切なのは、お客さまが何を求めているか、どのような方か、どんなものが好きか、しっかりと理解することです。会話をしながらお客さまのことを深く知っていくことで、初めて最適なカーライフを提案できるようになります。クルマを売るということは、お客さまと交流し、信頼関係を築くということでもあるのです。

 

そのため、C/Aの仕事においてはクルマの知識以上に、お客さまに対する思いやりの気持ちや、何気ない会話ができるコミュニケーション力が必要とされます。店舗には初めてお会いするお客さまも大勢いらっしゃいますが、クルマを通じて顔なじみになり、信頼され、私に会いにご来店いただけるようになると、C/Aとしての価値を発揮できているのだと実感できます。

チームプレーに助けられ、
念願の女性新人賞を受賞

私は入社2年目に、優秀な販売実績を上げた女性C/Aに贈られる「女性新人賞」を受賞することができました。これは入社間もない時期から狙い続けていた賞であり、普段から新車のご提案にこだわり続けてきた努力が実を結んだ結果だと考えています。本当に受賞できたときにはとても嬉しく、店舗の同僚たちも一緒に喜んでくれました。
店長や同僚たちは、私がお客さまとお話をしている最中に査定を代わってくれたり、お客さまをお待たせしないようチームプレーで動いてくれたりと、助け合う風土が息づいています。一人ひとりの努力を公平に評価してくれ、男女関係なく活躍できる環境なので、今後は日産全販売会社の表彰制度である「日産ウィナーズコンベンション」にも毎年出場できる優秀なC/Aを目指し、同期の中で誰よりも早く昇格したいです。

 

ページトップへ戻る