社員の声

STAFF VOICE

お客さまの想いに寄り添い、
長きにわたってカーライフを支えていく。

C/A

冨川 愛沙

2011年入社/中途
北海道地区販売会社 C/A カーライフアドバイザー

お客さまの想いに寄り添い、
長きにわたってカーライフを支えていく。

C/A

冨川 愛沙

2011年入社/中途
北海道地区販売会社 C/A カーライフアドバイザー

クルマの知識以上に
「人が好き」であることが重要

前職は鉄道会社の販売員で、当社に入社するまで営業の経験がありませんでした。転職の動機は、若いうちに新しいことにチャレンジしたいと考えたこと。人と関わる接客経験を活かせる仕事がしたいと思い、日産のC/A(カーライフアドバイザー)を志望しました。
ある程度経験を積んだ今は、自分の強みを活かした営業活動をしています。お客さまとクルマの話をすることはそれほど多くなく、趣味の話や雑談など、他愛のない日常会話をしていることがほとんどです。クルマの知識や営業経験がなくても、以前の接客経験は大いに役立っています。こちらからクルマを売り込もうとするのではなく、まずはお客さまとの信頼関係をしっかりと構築すること。信頼関係ができていれば、お客さまが本当にクルマを買いたくなったときに、自ずと相談をしてくれるのです。

自分の言葉で語ることで、
初めてクルマの良さが伝わる

普段、私が心掛けていることは、クルマについての情報をそのまま伝えるのではなく、自分の言葉に置き換えて語ることです。例えば、北海道は寒いのでシートヒーターをつける方が多いのですが、商品のスペックだけを伝えるのではなく「冷え性にいいですよ」など、乗り心地をイメージできるような話し方をすることが大切です。
こうした会話を通じて、最終的に購入の判断をしていただけるということは、私のことを信頼してくれた証でもあります。ときには他社メーカーと競合になることもありますが、他社のほうが値段は安いにもかかわらず日産車を選んでいただける場合もあります。クルマそのものではなく、私という一人の人間を見て購入を決めてくださる方もおり、「冨川さんだから任せるよ」という言葉をいただいたときはとてもうれしいです。

アフターフォローによって
お客さまと長いお付き合いを

前職の接客の仕事では、お客さまとの関係は基本的にその場の一回限りでした。しかし、C/Aの仕事は、一人のお客さまと何度もお会いし、購入後も長年にわたってお付き合いすることができます。その中で築かれる関係性の強さや深さは大きなやりがいになります。購入いただいた後の車検、買い換えなども視
野に入れ、お客さまの未来の姿まで想像して接客しています。
私はまだ経験年数も浅く、お客さまとの関係がそれほど長いわけではありません。しかしトップクラスの販売実績を上げている先輩社員を見ると、既存のお客さまと長いお付き合いをし、2台目、3台目とご購入いただいています。私も過去にご購入いただいたお客さまのアフターフォローにも力を入れ、関係性を長く継続させていくことが必要だと考えています。

pagetop