BACK
GO


景色
シカゴ、シカゴ、シカゴ

 世界で5番目に大きな面積を持つ湖、ミシガン湖に面した都市、シカゴ。その遮る物のない水の荒野を抜けてくる風は、シカゴの街に強烈に吹き付け、ウインドシティーの異名さえこの街に与えた。シカゴ・オヘレ国際空港からダウンタウンに向かうタクシーの中からそれを想像することは難しかったが、景色は確かに寒い。空港からショーの会場である、ダウンタウンに位置するマコーミックプレースまでタクシーで30分程の距離だ。ホテルはそこへのアクセスの良い場所を選んだ。
 ジョン・F・ケネディーエクスプレスウエイと名付けられたインターステーツ90を東に向かうと、次第に迫るシカゴの高層ビル群。日本でシェビー・カプリスといえばローダウンされたコンプリートカスタムカーしか見ないが、こちらではタクシーかポリスカーでしか見かけない。その広大な後席で体を動かすとビニールレザーのシートがギュウギュウ、とよじれた。

     フリーウエイのイクジットを降り、ミシガンブルバードを北に向かう
    頃には、路面のギャップで幾度となくフルボトムを繰り返しながらも大
    らかな乗り心地のタクシーの車窓からみる町並みに、長い飛行機の旅の
    疲れもやわらいでゆくようだ。ホテルでチェックインを済ませ、重たい
    ケースをほおりだし、さっそくショーの会場、マコーミックプレースに
    向かうとしよう。


2
Page


BACK
GO