Q ノッキング・ノックセンサーとは何か教えて。
カテゴリー: クルマについて 

A
ノッキングとは ノックセンサーとは Q&A

ノッキングとは

低速走行の状態から急加速した(アクセルペダルを大きく踏み込んだ)時に、エンジンから「カラカラ」「ガリガリ」という音がすることがあります。
これを「ものを打つ(ノック)」ような音、または「ノッキング」と呼んでいます。


ノッキングの原因

「カラカラ」「ガリガリ」というノック音は、ガソリンエンジンが異常燃焼する際に発生します。

燃焼室内の混合気が点火プラグで着火して燃焼するのではなく、末端部の未燃焼混合気が一瞬で自己着火して燃焼されると、
大きな圧力波が燃焼室壁を加振してノッキングを発生させます。


ノッキングが発生しやすい条件

低速走行の状態から急加速、ガソリンのオクタン価が低いなどの条件で発生しやすくなります。

ノックセンサーとは

ノッキングの発生を検知する装置のことです。
ノッキングを検知するとその信号をコンピューターに送り、ノッキングを起こさないようコンピューターで点火タイミングを自動調整します。

Q&A

Q1. ノッキングが続くとどうなるのか。

エンジンを傷めてしまう恐れがあります。

低回転時の軽いノッキングであれば、短期間なら構造的な実害はありません。
しかし、高回転時のノッキングや強いノッキングは、圧力振動がピストンへの熱伝達率をよくするため、
ピストンやリングの焼損、ヘッドガスケットの吹き抜けなどの障害を引き起こすことがあります。

△TOP

2015/06/08

関連Q&A
プレミアム(ハイオク)ガソリン仕様の車に、レギュラーガソリンを入れても大丈夫か教えて。

閉じる