Q 日産自動車のエンジンミュージアム(エンジン博物館、横浜工場ゲストホール)について教えて。
カテゴリー: 日産の取り組みについて 

A
日産エンジンミュージアム(横浜工場ゲストホール)とは・施設情報
日産エンジンミュージアムとは 施設情報

日産エンジンミュージアムとは

自動車の心臓部にあたるエンジンにスポットをあて、絶えず挑戦し続ける日産の技術開発の足跡を紹介している施設です。
2003(平成15)年3月、日産横浜工場のゲストホールオープン時に開設されました。

多くの方々に親しまれた量産車用のエンジンから記録を塗り替えたレースカー用のエンジンまで、日産のエンジン開発の歴史上、重要な役割を担った歴代のエンジン実機を厳選して展示しています。
また、日産および、その発祥の地である横浜工場の歴史や、日産の環境技術などの展示をはじめ、クルマの仕組みやエンジンの役割を模型や映像を用いて解説するコーナーなども設けており、来場されたお客さまに日産の歴史や技術をご理解いただける展示となっています。

ミュージアム内 画像

詳細は、日産横浜工場のWEBサイト内でも紹介しています。
(日産公式サイト) 日産横浜工場|工場の紹介


日産横浜工場ゲストホール 建築の由来

横浜工場 ゲストホールは、日産自動車創立の翌年である1934(昭和9)年に建設された建物内にあります。
この建物は、1968(昭和43)年に本社機能が東京・銀座に移転するまで本社事務所として使用されていました。

建築史的に横浜市内唯一の戦前期の工場事務所ビルとして貴重なもので、2002(平成14)年11月に「京浜臨海部の発展の歴史を物語る貴重な歴史的建造物」として、横浜市から認定されました。
また、2007(平成19)年には経済産業省から勤怠化産業遺産に認定されました。


△TOP

施設情報

入館料 無料
開館時間 10時〜16時 (入館は15時30分までとなります。)
休館日 土曜日・日曜日・ゴールデンウィーク・夏季休暇・年末年始休暇
工場見学は月〜金曜日実施します。(工場非稼働日除く)
祝祭日は閉館する場合があります。事前にお問い合わせください。
所在地 〒220-8623
神奈川県横浜市神奈川区宝町2番地
交通アクセス
  • JR「新子安駅」、京浜急行「京急新子安駅」より神奈川産業道路を通って徒歩約17分
  • 市営バス「新子安駅」より「(宝町経由)新子安前行き」または「(宝町経由)生麦行き」に乗って約10分、「宝町」下車
  • 首都高速 東京方面から「守屋町」ランプより、横浜方面から「子安」ランプより、それぞれ車で約2分
予約 横浜工場ゲストホール館内は自由にご覧いただけます。
工場見学をご希望の方は、WEBサイトより予約が必要です。
(日産公式サイト) 日産横浜工場 《一般の方向け見学》 インターネット予約

△TOP

2021/07/27

関連Q&A
歴代スカイラインを展示しているところがあるか教えて。

閉じる